東京九州フェリー

「はまゆう」

新門司(北九州市)横須賀(神奈川県)
(月)〜(金)24:00翌日20:45
翌日21:30(月)〜(金)23:45
2021年7月開設予定で、まだ運航されていません。
船名「はまゆう」(2番船)
総トン数 約15,400GT
全長222.5m
航海速力28.3kt
旅客定員268名
積載能力トラック154台 乗用車30台
造船所三菱重工業長崎
就航2021年7月予定2021年予定
IMO No.--
「はまゆう」は、新日本海フェリーなどのSHKライングループが設立した新会社 東京九州フェリーが、2021年に神奈川県の横須賀港と福岡県北九州市の新門司港の間を21時間で週に6便(日曜日を除く)運航開始する予定の新しいフェリーです。現在、新日本海フェリーが発注した大型の新造船が、三菱重工業長崎造船所で建造中です。今までオーシャン東九フェリーが2泊3日の航路で結んでいた関東〜北九州を、21時間で結び1日1便の運航とするため、航海速力が28ktもある大型の高速フェリーになっています。大型フェリーとして新日本海フェリーの「はまなす」に次ぐ速さとなります。
運航ダイヤは、上り下りともに、24時頃の深夜に出港し、翌日21時頃に入港するものです。トラック輸送に合わせたダイヤで、旅客には少し遅めですが、金曜日に仕事が終わってからでも乗船できる時間ですし、下船後終電までに都心まで移動することもできる時間です。

客室はまだ詳細の発表がありませんが、専用テラスがある2名個室のデラックス、個室のステート(2名・4名)、個室タイプの1名寝台のツーリストS、階段式2段ベッドの相部屋のツーリストAとなる予定です。

パブリックスペースは、レストランやバーベキューコーナー、露天風呂がある大浴場のほか、シアターも設置される予定で、長時間の航海に合わせた充実した構成になりそうです。

就航予定の航路
就航予定の航路