商船三井フェリー
「さんふらわあ ふらの」
大洗(茨城県)苫小牧(北海道)に就航
船名「さんふらわあ ふらの」(前名「へすていあ」)
総トン数 13,539GT
全長・全幅192.0m×27.0m
航海速力24.0kt
旅客定員705名
積載能力トラック154台 乗用車77台
造船所三菱重工業下関
就航1993年11月〜2017年5月
IMO No.9061590
旧「さんふらわあふらの」は東日本フェリーの「へすていあ」として1993年に建造されました。建造後は、大洗〜室蘭航路などに就航し、2002年に大洗航路が商船三井フェリーと東日本フェリーの共同運航になってからは北海道側の港を苫小牧に変えて、新しい「さんふらわあふらの」が就航した2017年5月まで大洗〜苫小牧に就航しました。船名は2007年には東日本フェリーが撤退したタイミングで、商船三井フェリーの運航船となり「さんふらわあ ふらの」に変更されました。
2017年の引退後は、インドネシアに売られて回航されました。近況は「あの船は今?」に掲載しています。

本船には姉妹船はなく、当時一緒に夕方便に就航していた旧「さんふらわあ さっぽろ」とは客室構成などに違いがありました。この2隻のサイズなど基本スペックは同規模になっています。

客室構成は、スイートルームからエコノミールーム(旧2等の雑魚寝)まで5ランクの客室があります。旧「さんふらわあ さっぽろ」と比較すると客室の種類は少なくスタンダードの2名部屋や、デラックスルームの2名和室はありません。

パブリックスペースは、レストラン、展望浴場、マリンシアター、ペットルームなどがあります。他の北海道航路のフェリーに比べれば設備がやや少ないですが、1晩の航海には十分でした。

2017年に就航した新「さんふらわあふらの」「さんふらわあさっぽろ」について
「さんふらわあ ふらの」
「さんふらわあ ふらの」(浦賀水道)
「さんふらわあ ふらの」
「さんふらわあ ふらの」(東京港)
「さんふらわあ ふらの」
「さんふらわあ ふらの」(浦賀水道)
「さんふらわあ ふらの」
「さんふらわあ ふらの」(東京港)
「さんふらわあ ふらの」
「さんふらわあ ふらの」(東京港)