みやざきエキスプレス
宮崎カーフェリー

「みやざきエキスプレス」「こうべエキスプレス」

船名「みやざきエキスプレス」「こうべエキスプレス」
総トン数 11,931GT11,933GT
全長・全幅170.0m×27.0m
航海速力24kt
旅客定員690名
積載能力トラック130台 乗用車85台
造船所三菱重工業下関
建造1996年12月1997年7月
IMO No.91458659162124

船の概要

「みやざきエキスプレス」「こうべエキスプレス」は、「高千穂丸」「美々津丸」の代替船として大阪南港〜宮崎港に就航しました。「こうべエキスプレス」は就航当時は関西側の港が大阪南港でしたので「おおさかエキスプレス」の船名でしたが、2014年に神戸港に移転したため「こうべエキスプレス」に船名変更しています。就航当時から2004年までは前身のマリンエキスプレスによる運航でした。神戸から紀伊水道を南下して高知沖の太平洋を航行する外洋航路ですが、台風など太平洋が荒れた場合は、明石海峡を通って揺れない瀬戸内海を航行し豊後水道から宮崎沖に出るルートを航行します。
なお「みやざきエキスプレス」「こうべエキスプレス」の代替となる新造船「フェリーたかちほ」「フェリーろっこう」が2022年春に就航する予定です。
「みやざきエキスプレス」
「みやざきエキスプレス」(神戸港)
「おおさかエキスプレス」
「みやざきエキスプレス」(神戸港)
「みやざきエキスプレス」
「みやざきエキスプレス」(神戸港)
「おおさかエキスプレス」
「みやざきエキスプレス」(神戸港)
「おおさかエキスプレス」
「みやざきエキスプレス」(神戸港)

客室

客室は、バスルームのある個室の特等から、雑魚寝の相部屋の2等までひと通り揃っています。2等室は部屋が別れてなく、172名が1つの大部屋になる珍しい構造をしています。1等A室は、1等ですが客室内にトイレがあります。2等寝台(ベッドルームの相部屋)は2段ベッド方式でベッドにコンセントもあります。

船内設備

船内設備は、レストラン、展望浴室・サウナ、売店、コインロッカーなど一晩の航海に必要な物が最低限揃っています。