マルエーフェリー
「フェリー波之上」
鹿児島
(新港)
屋久島
(宮之浦)
奄美大島
(名瀬)
徳之島
(亀徳)
沖永良部島
(和泊)
与論島沖縄本島
(本部)
沖縄本島
(那覇)
18:00翌日05:00
05:50
09:10
09:40
11:30
12:00
13:40
14:10
16:40
17:10
19:00
翌日08:30
(注)
(注)20:30
21:20
16:30
17:00
14:10
14:40
11:50
12:10
09:00
09:20
07:00
・(注)屋久島には本船の一部便のみ寄港し、屋久島04:40入港、このときの鹿児島入港は09:00になります。屋久島は名瀬→屋久島の乗客のみで、他の経路からの乗船・下船はできません。詳しくはオフィシャルサイトでご確認ください。
マリックスラインと合わせて1日1便の運航です。
船名「フェリー波之上」
総トン数 8,072GT
全長・全幅145.0m×24.0m
航海速力21.0kt
旅客定員707名
積載能力10Fコンテナ312個 トラック48台 乗用車72台
造船所三菱重工業下関
建造2012年9月
IMO No.9608348
「フェリー波之上」は、先代の「フェリーなみのうえ」の代替船として三菱重工業下関で建造され、鹿児島〜奄美群島〜那覇航路に就航しました。同じマルエーフェリー「フェリーあけぼの」やマリックスライン「クイーンコーラルプラス」「クイーコーラル8」とともに4隻でこの航路を1日1便運航しています。途中、奄美群島の各島に寄港し、鹿児島〜那覇は24時間ほどかかります。色々な島に寄港する楽しみがある貴重な航路です。コンテナをクレーンやフォークリフトで積載する貨客船と呼ばれるタイプの船です。船首には大きなクレーンが備えられています。

客室は、2012年に建造された船ですが同時期の長距離フェリーと比べると個室率は低く、まだ2等を中心とした構成になっています。それでも離島航路と思えないほど個室も豊富になっていて、バス・トイレがあるツインの特等から、5名定員の1等和洋室、1名個室もある2等寝台A、2段ベッドの相部屋の2等寝台B、雑魚寝の2等まであります。

パブリックスペースは、レストランや売店など夜行フェリーにあるものは一通りありますが、本船には大浴場はなくシャワールームのみになっています。椅子やテーブルがあるスペースも多く混雑時でなければ困ることはないかと思います。レストランも営業時間外は休憩スペースとして開放されています。レストランの営業時間は限られていますので、事前にマルエーフェリーの公式サイトの情報をご覧ください(那覇出港直後や那覇入港前の営業はありません)。売店の営業時間は2018年に乗船したときは公式サイトと異なり、各港での寄港時間に営業していました。

【本船の乗船記】
那覇→本部 2等(2018年2月)

【発着するフェリーターミナル】
鹿児島新港(奄美・沖縄フェリーターミナル)
 └奄美までの裏航路の北埠頭や、屋久島・種子島への南航路とは異なっています。
本部港旅客待合所(沖縄本島北部)
那覇ふ頭船客待合所(沖縄本島南部)
フェリー波之上
船内図
フェリー波之上
案内所
フェリー波之上
エントランス
フェリー波之上
エントランス
フェリー波之上
レストラン
フェリー波之上
休憩スペース
フェリー波之上
売店
フェリー波之上
セキュリティボックス
フェリー波之上
2等客室
フェリー波之上
2等寝台客室入口
フェリー波之上
エレベーター
フェリー波之上
デッキ
フェリー波之上
デッキ
フェリー波之上
デッキ
フェリー波之上
デッキ
フェリー波之上
ファンネル
フェリー波之上
航跡
フェリー波之上
「フェリー波之上」(本部港)
フェリー波之上
「フェリー波之上」(本部港)
フェリー波之上
「フェリー波之上」(本部港)
フェリー波之上
「フェリー波之上」(本部港)
フェリー波之上
「フェリー波之上」(鹿児島港)
フェリー波之上
「フェリー波之上」(鹿児島港)
フェリー波之上
「フェリー波之上」(鹿児島港)
フェリー波之上
「フェリー波之上」(鹿児島港)
フェリー波之上
「フェリー波之上」(鹿児島港)
フェリー波之上
「フェリー波之上」(鹿児島港)
フェリー波之上
「フェリー波之上」(鹿児島港)
フェリー波之上
「フェリー波之上」(鹿児島港)
フェリー波之上
「フェリー波之上」(本部港)
フェリー波之上
「フェリー波之上」(本部港)