マリックスライン「クイーンコーラルプラス」乗船記
鹿児島〜奄美群島〜那覇
乗船時期:2018年2月(与論島那覇)
  • (前編の続き)

    与論島を出港して、途中の寄港地、本部港に向かいます。本部港までは約2時間半の船旅です。
  • 濃紺の大海原が広がっています。やや雲が出てきましたが、波は穏やかです。
  • 約2時間後、船内でウトウトと眠くなって寝ていると、本部港の近くまで来ていました。本部港の前には瀬底島があり、ぐるっとまわって南側から入港します。船はゆっくりと左へ回頭を続けています。
  • 本部港では、空になった牛用コンテナもいくつか下ろしていました。
  • 船内には農産物の出荷時期の遅延の可能性の案内がありました。これを見ると、貨物は鹿児島方向が多く、那覇方向は少ないようです。
  • 本部港に寄港中に売店がオープンしました。一通りお土産品やお菓子類などの商品があります。基本はどこかの寄港地に停泊している時間のみオープンしているようでした。
  • 自動販売機類もたくさんあります。500mlのペットボトルで160円です。
  • マリンルームというバリアフリーの部屋がありました。隣には多目的トイレもあります。
  • 17:20頃、約10分遅れで本部港を出港しました。本部港を出港するときも汽笛を1回鳴らしました。最終港の那覇港を目指します。
  • 日没時間が近くなり、段々と暗くなってきました。左手に見える沖縄本島には多くの建物があるのが見えます。那覇から出港して北上する「うずりん21」とすれ違いました。
  • 日没の時間帯になり、東シナ海に沈む夕焼けと雲の様子がとてもきれいでした。
  • 東シナ海の夕焼けを見ながら南下します。
  • 東シナ海の夕焼け
  • 那覇港が近くなると、那覇空港の滑走路の延長線上になり、旅客機と比較ならない大きな音で自衛隊の戦闘機が次々と着陸していっていました。