せっつ
阪九フェリー

「せっつ」「やまと」

船名「せっつ」「やまと」
総トン数 16,292GT
全長・全幅195m×29.6m
航海速力23.5kt
旅客定員663名
積載能力トラック277台 乗用車188台
造船所三菱重工業下関
就航2020年3月10日2020年6月30日
IMO No.98608319860843

船の概要

「せっつ」「やまと」は、2003年に就航した旧「やまと」「つくし」(13,353総トン)の代替船として三菱造船(三菱重工業下関造船所)で建造されました。外観のスタイルだけでなく、船内の客室構成は2015年に就航した「いずみ」「ひびき」とそっくりになっています。旅客デッキ3層の上にブリッジや乗組員区画が作られて背が高くなっています。本船のコンセプトは「星空と海をのぞむ癒しの旅」です。総トン数では瀬戸内海最大のフェリーです。
せっつ
「せっつ」(関門海峡)
せっつ
「せっつ」(関門海峡)
せっつ
「せっつ」(関門海峡)
せっつ
「せっつ」(関門海峡)
せっつ
「せっつ」(関門海峡)
やまと
「やまと」(新門司沖)

客室

客室は「いずみ」の客室構成を引き継いだものになっていて、デラックスシングルが28室から46室に大幅に増えた以外は同じようになっています。バス・トイレがありソファやプライベートデッキまであるロイヤル2室から、バス・トイレのあるツインのスイート、バス・トイレは個室内に無く洗面台のみのデラックス、相部屋のスタンダード(2段ベットタイプと雑魚寝の大部屋タイプ)があります。個室には洗面台があるので感染症対策をしながら個室で移動できます。
デラックスシングル
デラックスシングル
デラックスシングル
デラックスシングル
せっつ
デラックスシングル(個別エアコン)

船内設備

パブリックスペースは展望ロビーや露天風呂付きの大浴場から、前方の見える展望ルーム、レストラン、ショップ、カラオケルームなど瀬戸内海のフェリーでトップクラスの豊富さで、ペットルームや、キッズルーム、授乳室も完備しています。
阪九フェリーのレストラン(夕食)は、カフェテリア形式で食べたい料理をトレイにとって、レジで料金を払うシステムです。1皿300〜700円ぐらいのものが並んでいて、調理済のお皿には1つずつラップがかけられていて衛生的です。商品によっては、注文してから料理を作ってテーブルまで運んでくれるものもあります。レストランには酒類もあります。朝食は定食中心になっています。
船内のソファなどがある休憩スペースは多く、他のフェリーよりテーブルのある場所が多い印象があります。個室利用であれば客室内で持ち込んだ食事ができますが、相部屋の客室の人でも食事する場所としても使うことができ、乗船直後の時間帯にはよく見かけます。
せっつ 船内図
船内図
セントランス
エントランス
展望ロビー
展望ロビー
展望ロビー
展望ロビー
展望ロビー
展望ロビー
展望ロビー
展望ロビー
エレベーター
エレベーター
展望ロビー
展望ロビー
レストラン
レストラン
レストラン
レストラン
レストランのメニュー
レストランのメニュー
売店
売店
売店
売店
自動販売機
自動販売機
自動販売機
自動販売機
自動販売機
自動販売機
自動販売機
自動販売機
自動販売機
自動販売機
給湯器
給湯器・冷水機
大浴場
大浴場
せっつ
休憩スペース
せっつ
休憩スペースのUSBコンセント
せっつ
船内
キッズルーム
キッズルーム
リラックスルーム
リラックスルーム
授乳室
授乳室
セキュリティボックス
セキュリティボックス
公衆電話
公衆電話
せっつ
撮影コーナー
せっつ
船内
デッキ
デッキ