こんぴら2
ジャンボフェリー
「りつりん2」「こんぴら2」
高松~小豆島〜神戸(三宮)に就航
船名「りつりん2」「こんぴら2」
総トン数 3,638GT3,639GT
全長・全幅115.9m×20.0m
航海速力18.5kt
旅客定員475名
積載能力トラック56台 乗用車36台トラック61台 乗用車38台
造船所林兼船渠
就航1990年07月1989年12月
IMO No.89199108909408
ジャンボフェリー「りつりん2」「こんぴら2」は、神戸と四国の高松を結ぶ中距離フェリーです。この航路は約4時間の航海と長くなく、2隻体制で昼間を中心に1日4便も運航されています。そのため、本サイトでメインで紹介している他の航路と違い、昼間便がメインとなり船内設備にベットタイプの寝台設備や個室はほとんどありません。夜行便もありますが、夜行フェリーというよりも短距離航路のフェリーの延長のような作りになっています。

船内は、レストランはありませんが、香川県の航路らしくうどんコーナーがあります。売店はあります。そのほか、男性のみですがサウナもある大浴場があります(シャンプー等はありません。鍵のかかるロッカーはあります)。女性向けにはシャワールームがあるようです。目立たない場所にあるので、分からなければ売店で聞くといいと思います。
客室は、短距離フェリーの構造となっているため、夜行便だけで利用できる1名個室(室内にはベッドのみ)が数部屋あるほかは、椅子席と雑魚寝の2等のみです。夜間でも夜間照明(暗く)ならないようですので、他の夜行フェリーのように十分な睡眠をとるのは難しく仮眠になるかと思います。この航路を利用するときは、夜行フェリーというよりも昼間の大きな短距離フェリーに乗るというイメージで利用するといいかと思います。

ジャンボフェリーには2022年に新造船を就航させる計画があり、どのようなサービス向上があるのか楽しみです。

「りつりん2」の乗船記は2014年版2016年版をご覧ください。

発着するフェリーターミナルについては下記をご覧ください。
神戸三宮フェリーターミナル

ジャンボフェリー高松のりば

りつりん2
「こんぴら2」
りつりん2
「こんぴら2」
りつりん2
「こんぴら2」
りつりん2
椅子席
りつりん2
船内
りつりん2
後部デッキ
りつりん2
売店
りつりん2
うどんコーナー
こんぴら2
「こんぴら2」(明石海峡)
こんぴら2
「こんぴら2」(明石海峡)
りつりん2
「りつりん2」
りつりん2
椅子席(予約席)
りつりん2
「りつりん2」(高松港)
りつりん2
「りつりん2」(高松港)
りつりん2
エントランス
りつりん2
船内
りつりん2
展望デッキ
りつりん2
船内
りつりん2
夜間用1名個室エリア
りつりん2
カーペット敷の客室
りつりん2
車両甲板
りつりん2
車両甲板より
りつりん2
臨時2等用のゴザ
りつりん2
ゲームコーナー
りつりん2
「こんぴら2」
りつりん2
展望デッキ
りつりん2
展望デッキ
りつりん2
航路図