大分〜関西のフェリー航路

  • 航路図
  • 大分〜関西航路は、瀬戸内海を東西に横断し、陸路を走るよりも効率的に大分県と移動できます。車を載せない客船の時代から歴史がある航路です。別府湾から見る九州の山々の景色も美しいです。
    別府港・大分港からは別府温泉や阿蘇方面への車での移動に便利で、関西からは特に車での観光に向いている航路です。一方で公共交通機関での大分以外の各都市(福岡・熊本・鹿児島など)への移動は不便ですので、その場合には北九州航路をおすすめします。
大分県関西会社・就航船
日〜木 18:45(別府)翌日06:35(大阪)フェリーさんふらわあ ②
日〜木 19:15(大分)翌日06:35(神戸)フェリーさんふらわあ ①
金・土 19:30(大分)翌日07:55(神戸)フェリーさんふらわあ ①
金・土 19:35(別府)翌日07:35(大阪)フェリーさんふらわあ ②
関西大分県会社・就航船
日〜木 19:00(神戸)翌日06:20(大分)名フェリーさんふらわあ ①
日〜木 19:05(大阪)翌日06:55(別府)名フェリーさんふらわあ ②
金・土 19:50(神戸)翌日07:20(大分)名フェリーさんふらわあ ①
金・土 19:55(大阪)翌日07:45(別府)名フェリーさんふらわあ ②
以前は関西汽船とダイヤモンドフェリーの2社が運航していましたが、この2社が合併しフェリーさんふらわあの1社で大分〜神戸と別府〜大阪でそれぞれ夜行フェリーが1日1往復運航されています。航海時間は約12時間で、船内でお風呂や食事して一晩寝るのにちょうどいいぐらいの時間です。週末の金曜・土曜発は出港時間が少し遅くなっています。
さんふらわあごーるど
①フェリーさんふらわあ
大分~神戸
「さんふらわあ ごーるど」
「さんふらわあ ぱーる」

2007年建造
さんふらわああいぼり
②フェリーさんふらわあ
別府(大分県)~大阪
「さんふらわあ あいぼり」
「さんふらわあ こばると」

1997年建造
さんふらわあくれない
フェリーさんふらわあ
別府(大分県)~大阪(予定)
「さんふらわあ くれない」
「さんふらわあ むらさき」

現在建造中(2022年末〜2023年前半に就航予定)
就航しているフェリーは、いずれも1万トンの大型フェリーが就航していて、穏やかな瀬戸内海ではほぼ揺れることがありません。別府航路の「さんふらわあ あいぼり」は1997年建造で他の新しい船と比べると設備が古いですが、よく整備されて綺麗になっています。代替船の計画があり、2022年には大型化した新造フェリー「さんふらわあ くれない」が就航する予定です。
  • 客室比較表
  • 大分〜関西航路のフェリーは、客室の種類は少なめですが、バス・トイレ付きの個室から雑魚寝の2等まで揃っています。どの船にも1名個室があります。北九州〜関西航路では2名個室には窓がありますが、大分航路でのスタンダード2名個室には窓がありません。「さんふらわあ ぱーる」のプライベートベッドは階段式の2段ベッド、「さんふらわあ あいぼり」は旧来の梯子の2段ベッドです。 同程度の距離の北九州〜関西航路と比べると、値段がやや高いのが欠点です。(2020年現在、1名個室で14,300円〜(船に泊まろうプラン)、北九州〜関西航路はインターネット割で9300円〜)。
    「さんふらわあ ぱーる」には、瀬戸内海の関西〜九州航路で唯一となるペットを客室の中まで連れてこられるウィズペットルームもあります。
  • 設備概要比較表
  • 大分〜関西航路のフェリーには、レストランや展望大浴場、売店など夜行の長距離フェリーによくある設備はすべての船に揃っています。北九州〜関西航路では一部の船にだけある授乳室や無料のセキュリティボックス、ペットルームがすべての船にあるのも特徴です。
大分〜関西航路のフェリーターミナルは、神戸港を除き、アクセスが便利な場所にあります。別府観光港は別府の街の中、大分港は西大分駅から徒歩圏内、大阪港はニュートラムのATC駅直結です。大阪港のターミナルは、名門大洋フェリー(北九州航路)や、オレンジフェリー(東予行)とは別の場所ですのでご注意ください。神戸港も連絡バスでJRや阪神線から用意にアクセスできます。
詳しくは、それぞれのフェリーターミナルのページをご覧ください。