オレンジフェリー「おれんじ えひめ」乗船記

大阪南港東予港(愛媛県)
乗船時期:
  • オレンジフェリー航路図
  • 2022年10月、大阪南港から愛媛県の東予港までオレンジフェリー「おれんじ えひめ」に乗船しました。全室個室になり客室数の多い船ですが、週末には一部客室が満席になることもありました。大阪から東予までは240kmほどの距離、夜行フェリーとしては短い距離のため、航海時間は8時間と短くほとんど寝るだけになってしまいます。
  • フェリーターミナル駅
  • 大阪南港フェリーターミナルは、関西で唯一の鉄道駅と直結している夜行フェリーのターミナルで、大阪市中心部からも30分で到着でき、東京から移動する場合でも夕方の出発で間に合います。ニュートラムのフェリーターミナル駅についたら、改札口を左に曲がると、フェリーターミナルに直結する歩道橋です。
  • ローソン南港南二丁目店
  • フェリーターミナルに行く途中の左手にフェリーターミナル最寄りのコンビニ、ローソン南港南二丁目店があります。ここにはガソリンスタンドもあります。フェリーターミナル駅のすぐ横にもセブンイレブンがあります。
  • 大阪南港フェリーターミナル
  • オレンジフェリーはネット予約はありますが、事前決済やチケットレスには対応していないため、ネット予約した場合も、ターミナル1階のチケットカウンターで乗船券を購入する必要があります。ネット予約した場合は名前などを入力していますので、乗船名簿の記入は不要で、窓口に並んで予約番号を伝えて、チケット料金の支払い(クレジットカード可)をすればOKです。この日は20時すぎに行きましたが、空いていました。

    乗船した大阪南港フェリーターミナルの詳細
  • 乗船口
  • オレンジフェリーの乗船開始時間は、出港2時間前と早く、20時から乗船できます。航海時間が短く出港も遅い航路ですが、早めに乗船することでゆっくりとすることができます。乗船口がハロウィン仕様になっていました。
  • 「おれんじえひめ」船内図
  • オレンジフェリー「おれんじえひめ」の船内図です。客室は4階と5階の2デッキで、その上の6階に展望ルームとデッキがあります。日本初の全室個室になった本船の客室の数は多くなっています。ロイヤル4室、スイート38室、デラックスシングル61室、シングルプラス36室、シングル212室、ドライバーズルーム70室で、定員の7割、客室数の8割がシングルの客室という構成です。本船はシングルと2名客室でほとんど構成され、3名以上の客室がスイートの5室しかないのも特徴で家族連れが1部屋にしようとすると苦労する構成になっています。
  • エントランスホール
  • エントランスは吹き抜けで、えんじ色の絨毯と木材で落ち着いた雰囲気になっています。右下に見えているのが、ホテルでのフロントにあたるインフォメーションです。個室の場合は、インフォメーションで部屋の鍵をもらいます。「おれんじえひめ」は昔ながらの鍵でカードーキーなどにはなっていません。
  • 廊下
  • 全室個室の本船はずらりと客室が並びます。
  • デラックスシングル
  • 今回利用した部屋はデラックスシングルです。鍵もある完全な1名個室で、窓もあるので携帯電話の電波も入ります。シングルベッドと、デスク、洗面台があり、十分なスペースがあります。8.9m²とフェリー各社の1名個室の中でも広くなっています(「いずみ」デラックスシングル 5.2m²  「フェリーきょうと」ファーストS 5.0m² 「さんふらわあ ぱーる」シングル4.5m²)。客室内に自転車を持ち込むことも可能になっています。
  • デラックスシングル
  • 入口側にはロッカーがあります。入口横には個別のエアコンがあり、好みの温度に設定できます。
  • デラックスシングル
  • 混戦度はデスクだけでなく、ベッドにもあり、スマホを充電できます。