三洋海事


「たじま丸」「とさ丸」「なさみ丸」「みさき丸」「むろつ丸」
  • 「たじま丸」(TAJIMA MARU)
    総トン数:233GT
    出力:不明
    常駐港:泉北港(大阪府)
    竣工年:2007年
    IMO 8731306 MMSI 431000118

    2007年2月より就航しました。旧「たじま丸」に代わって泉北港常駐となっています。本船は最大速力が日本のハーバータグで最速(タイ)だそうです(就航当時)。
  • たじま丸
    2009.09(泉北港)
  • 「とさ丸」(TOSA MARU)
    総トン数:197トン
    出力:4,000PS
    常駐港:坂出港(香川県)
    竣工年:2004年
    IMO 8997326 MMSI 431301785

    2004年11月に旧「とさ丸」(当時神戸常駐)の代替船として就航しました。「あき丸」と基本的な部分は同じようですが、マストがやや低く、放水銃が1本になっています。ちなみに先代の「とさ丸」は愛媛造船サービスに売却され、マスト赤色で波止浜港に常駐しています。
  • とさ丸
    2015.06(今治港)
  • 「なさみ丸」(NASAMI MARU)
    総トン数:228トン
    出力:4,000PS
    常駐港:呉
    竣工年:2006年
    IMO 9403750 MMSI 431301771

    2006年の竣工から2019年頃までは「天竜丸」の名前で東京汽船のタグボートとして横浜港などに常駐していました。2019年頃売船されたようで、船名を「なさみ丸」と変えて呉港常駐になっています。元東京湾のタグのため、東日本に多い3層構造になっています。特徴的な船尾側の船名の看板は撤去され、膨張式救命筏が新設されています。
  • なさみ丸
    2019.09(呉港)
  • 「みさき丸」(MISAKI MARU)
    総トン数:253トン
    出力:4,000PS
    常駐港:今治港
    竣工年:2003年
    IMO 9296145 MMSI 431700582

    元福島汽船の「開成丸」で2010年6月頃から今治港にいます。
    このような海外に多いスタイルのタグの瀬戸内海への就航は初めてのようで、その性能や特徴が気になるところです。全長の割に幅が広く11mあります。なお、先代の「みさき丸」(1987年竣工)は、2009年に引退しています。
  • みさき丸
    2017.07(来島海峡)
  • 「むろつ丸」(MUROTSU MARU)
    総トン数:273GT
    出力:4,400PS
    常駐港:水島港(岡山県)
    竣工年:2012年
    IMO 9676644 MMSI 431003663

    2012年に畑山造船で建造されたタグです。
    3層タグで、大きなファンネルがあるのが外見の大きな特徴です。エスコート許可は右舷側に「AB34C-・4-5海229」、左舷側に「AB34C-16-6海351」と片方ずつ表示があります。2015〜2016年頃に加古川港から水島港に移ったようです。
  • むろつ丸
    2015.08(東京港)