阪九フェリー
「いずみ」「ひびき」
新門司(北九州)神戸に就航
船名「いずみ」「ひびき」
総トン数 15,897GT
全長・全幅195m×29.6m
航海速力23.5kt
旅客定員643名
積載能力トラック277台 乗用車188台
造船所三菱重工業下関
就航2015年1月2015年4月
IMO No.97269069726786
「いずみ」「ひびき」は「フェリーせっつ」「フェリーすおう」の代替船として、三菱重工業下関造船所で建造されました。

本船は阪九フェリーにとって「やまと」型以来の12年ぶりの新造船となりました。歴代の船は神田造船で建造されていますが「やまと」に続いて三菱重工業下関造船所での建造となり、スタイルもよく似ています。全長や航海速力は「やまと」と同じになっています。一方で、船の幅は29.6mと「やまと」より3.2m広くなり、車両甲板が1レーン増えています。「おれんじホープ」の27.5mを超えて瀬戸内海で最も幅のあるフェリーになります。コンセプトは「わのこころ」とのことです。
船内は今までのフェリーとくらべて静かさが大きく向上しています。7Fの前方側の客室では振動やエンジン音がほとんど聞こえません。穏やかな瀬戸内海で陸上のホテルと変わらない静かな時間が流れます。各客室はスタンダードシングル(ドライバーズルーム)を除いてすべて、エントランスより前方側に配置されています。

客室は、「やまと」よりさらに個室化されています。スタンダードシングルを含めると定員の約55%と半分以上が個室です。また、従来の雑魚寝部屋である2等和室が大幅に減り、2等でもベット中心となるようになりました。本船からは、等級(料金クラス)の呼び方が新しくなっています。大まかには、特等→スイート、1等→デラックス、2等→スタンダードとなり、中間になる2等指定A・Bは、個室の2等指定Aがデラックスに、2等指定B1(1名)がスタンダードに分類されるイメージのようです。2等指定B(4名)は、オフィシャルサイト上ではスタンダード4名部屋に該当するようですが、相部屋のベットとしては、スタンダード洋室もあります。スタンダード(相部屋)では、貴重品管理のためにコインロッカーを個別に設置するなどの改善もされています。

パブリックスペースには、多くの絵画などが飾られています。「いずみ」の特徴としては、前方が見える展望ルームや露天風呂です。展望ルームは、6Fで前方が見える場所にあり、前向きの椅子とソファがあります。展望浴室には、内風呂2つと瀬戸内海のフェリーで初となる露天風呂もあります。展望浴室は夜間は閉鎖されていますが、併設されているシャワールームは24時間です。浴室には鍵のかかるロッカーがあります。

「いずみ」乗船記(2015年2月)
「いずみ」乗船記(2015年6月)

発着するフェリーターミナルについて
新門司港阪九フェリー第2ターミナル
泉大津港ターミナル
船内
エントランス
船内
エントランス
進水式
「ひびき」進水式
船内
船内図
船内
船内
船内
歴代船の展示
船内
展望ルーム
船内
展望ルーム
船内
展望ルーム
船内
レストラン
船内
レストラン
レストラン
レストラン
レストラン
レストラン
レストラン
メニュー
デラックス和
デラックス和
デラックス和
デラックス和
船内
デラックスシングル
船内
デラックスシングル
船内
展望通路
船内
船内
船内
船内
船内
船内
船内
船内
船内
エントランス
船内
船内
船内
船内
船内
船内
船内
給湯室
船内
通路
船内
売店
船内
コインロッカー
船内
営業時間案内
キッズルーム
キッズルーム
授乳室
授乳室
着替え
着替えスペース
船内
デッキ
船内
デッキ
船内
デッキ
船内
車両甲板
いずみ
「ひびき」(大阪湾)
いずみ
「いずみ」
いずみ
「いずみ」
進水式
「ひびき」進水式
いずみ
ファンネル
進水式
「ひびき」進水式
いずみ
「いずみ」
いずみ
ファンネル