【ここからの船旅】
オレンジフェリー(大阪南港行)

愛媛県の東予地方西条市にある東予港オレンジフェリーターミナル。周辺の海岸は火力発電所など工業施設がありますが、周辺はのどかな田園風景が広がり、背後には石鎚山も見える自然豊かな港です。松山観光港から関西へのフェリーが無くなった今は、関西からのフェリーの愛媛の窓口となっています。最寄り駅の壬生川駅だけでなく、松山、今治、新居浜へも連絡バスが出ていてアクセスが便利です。

※2018年12月の「おれんじ おおさか」就航までの間、「おれんじ7」運航便は旧ターミナルから出港しています。

確認時期:2018年11月
  • 2018年に完成した新ターミナルは白色の4階建てのシンプルな建物です。
    • ターミナルの前から、愛媛県内各地への連絡バスが発着しています。
    • ターミナルの左横(南側)には郵便ポストがあります。
    • サイクリングに力を入れている愛媛らしく、サイクリングオアシスとしてスタンドや空気入れもあります。
    • ターミナル前には、送迎をする人用の駐車場があります。そのほか、車を置いて乗船する人用の駐車場、乗船者用の駐車場があります。
    • 入口には瀬野政次郎さんの銅像があります。旧ターミナルにあったものを移設したようです。
    • ターミナルの奥にはフェリーが停まっています。
    • フェリーターミナルの案内図です。1階と4階が旅客スペースで、1階にチケットカウンター、4階に待合室と乗船口があるだけのシンプルなものです。
    • 1階のチケットカウンターです。
    • 1階には飲料の自動販売機があります。船内と価格は変わりません。
    • 4階の乗船口にはエスカレーターか、エレベーターで移動できます。
    • エスカレーターです。
    • 途中で乗り継ぎながら4階まで移動します。
    • 4階の待合室です。自動販売機があるぐらいで特に何かがあるわけではありません。同じ4階に乗船口があります。
    • 車両の積み込み口は、船尾のランプウェイと、スロープからの上部車両甲板への入口の2箇所があります。
    • 新ターミナルができる前の写真ですが、東予港は都内の中にある港と違って、背後には水田や石鎚山がひろがり、港からとても美しい景色が見られる貴重な港です。