さんふらわああいぼり
フェリーさんふらわあ
「さんふらわあ あいぼり」
「さんふらわあ こばると」

別府(大分県)大阪南港に就航
船名「さんふらわあ あいぼり」「さんふらわあ こばると」
総トン数 9,245GT
全長・全幅153.0m×25.0m
航海速力22.4kt
旅客定員777名(平水1050名)
積載能力トラック120台 乗用車100台
造船所三菱重工業下関
就航1997年11月1998年03月
IMO No.91621629162174
「さんふらわあ あいぼり」「さんふらわあ こばると」は「さんふらわあ」「さんふらわあ2」の代替船として三菱重工業下関造船所で建造されました。
外見上の大きな特徴として、瀬戸内海航路の大型フェリーとして初めて車両甲板が壁に囲まれて、外から車両甲板の見えない構造になりました。その後に就航した瀬戸内海の大型フェリーにもこれは踏襲されています。瀬戸内海の大型フェリーでは、ファンネルが1本にまとめられる傾向傾向がありますが、本船は逆に1つ前の「さんふらわあこがね」型が1本だったのに対して2本になりました。九州〜関西の瀬戸内海航路としては唯一になります。

船内の客室は2層構造で通常下のデッキに配置されることが多い2等客室が上のデッキの後部に配置されています。
上のデッキの船首部には前が見れる通路があって、夜間も減光しているので前を見ることができます。他の航路である展望ラウンジのミニ版といった感じで4つの窓の場所には椅子もあって楽しめます。(外から見て前にある4つの窓はここの窓です)

大阪南港コスモフェリーターミナルの紹介
別府観光港のターミナル紹介
さんふらわああいぼり
「さんふらわあ あいぼり」
レストラン
レストラン
さんふらわああいぼり
「さんふらわあ こばると」(別府港)
2等寝台客室
2等寝台客室
船内
船内
さんふらわああいぼり
「さんふらわあ こばると」
さんふらわああいぼり
「さんふらわあ こばると」
さんふらわああいぼり
デッキ
さんふらわああいぼり
「さんふらわあ こばると」(松山観光港)
さんふらわああいぼり
「さんふらわあ あいぼり」(別府港)
さんふらわああいぼり
船内
さんふらわああいぼり
「さんふらわあ こばると」(松山観光港)
さんふらわああいぼり
特等客室
さんふらわああいぼり
「さんふらわあ こばると」
さんふらわああいぼり
霧の中の「さんふらわあ こばると」
さんふらわああいぼり
展望ラウンジ
さんふらわああいぼり
船内
さんふらわああいぼり
「さんふらわあ こばると」(大阪港)
さんふらわああいぼり
「さんふらわあ こばると」(高浜瀬戸)
さんふらわああいぼり
「さんふらわあ こばると」(大阪港)
さんふらわああいぼり
「さんふらわあ あいぼり」(大阪港)