スターダイヤモンド
ダイヤモンドフェリー
「スターダイヤモンド」「ブルーダイヤモンド」
大分〜松山〜今治~神戸などに2010年まで就航(引退済)
船名「ブルーダイヤモンド」「スターダイヤモンド」
総トン数 9,447GT9,463GT
全長・全幅150.9m×25.0m
航海速力23.0kt
旅客定員942名
積載能力トラック105台 乗用車50台
造船所新来島どっく大西
就航期間1990年7月〜2008年2月1991年2月〜2008年1月
IMO No.90004558847595
ダイヤモンドフェリー(現在は関西汽船と合併したフェリーさんふらわあ)のフェリーとして1991年に就航。前のシリーズの「クイーンダイヤモンド」姉妹や、関西汽船「さんふらわあ にしき」姉妹とよく似た外観をしています。この6隻が運航していた中九州〜愛媛〜阪神をイメージさせるスタイルでした。
船内は主要部は2層になっていて、船内中央部にレストランなどのパブリックスペース、主に前方に上等級の客室がありました。今のフェリーには少なくなった前方を見られる客室も特等室で6室ありました。船内は全体的にシンプルな作りになっています。
「さんふらわあ ごーるど」姉妹の就航により、2008年に引退しました。
引退後は韓国に売船され、「スターダイヤモンドは」下関〜韓国航路に就航していた時期もありますが、2014年現在、いずれも「ST MICHAEL THE ARCHANGEL」「GWANGYANG BEECH」としてフィリピンにいます。詳しくは、"あの船は今?"をご覧ください。
ブルーダイヤモンドの通路
「ブルーダイヤモンド」の通路
デッキ
デッキ
ブルーダイヤモンドのレストラン
「ブルーダイヤモンド」レストラン
1等1名部屋
1等1名部屋
エントランス
エントランス
スターダイヤモンド
「スターダイヤモンド」(松山港)
特等2名部屋
特等2名部屋
特等2名部屋
特等2名部屋
エントランス
エントランス・階段付近
前方展望
特等2名部屋の前方展望
スターダイヤモンド
「スターダイヤモンド」(松山観光港)
スターダイヤモンド
「スターダイヤモンド」(松山観光港)
ファンネル
ファンネル
スターダイヤモンド
「スターダイヤモンド」(松山観光港)
スターダイヤモンド
「スターダイヤモンド」(松山観光港)
デッキ
デッキ
スターダイヤモンド
「スターダイヤモンド」(松山観光港)
スターダイヤモンド
「スターダイヤモンド」と「旭洋丸」
スターダイヤモンド
「スターダイヤモンド」(松山沖)
スターダイヤモンド
「スターダイヤモンド」(松山観光港)
スターダイヤモンド
「スターダイヤモンド」(松山観光港)
スターダイヤモンド
「スターダイヤモンド」のマーク
スターダイヤモンド
ファンネル
スターダイヤモンド
「スターダイヤモンド」とタグ「とさ丸」
スターダイヤモンド
「スターダイヤモンド」デッキ
スターダイヤモンド
「スターダイヤモンド」(松山沖)
スターダイヤモンド
「スターダイヤモンド」(高浜瀬戸)
スターダイヤモンド
「スターダイヤモンド」(松山観光港)
スターダイヤモンド
「スターダイヤモンド」(神戸港)
スターダイヤモンド
「スターダイヤモンド」(松山観光港)
ファンネル
ファンネル
ブルーダイヤモンド
「ブルーダイヤモンド」(神戸港)
ブルーダイヤモンド
「ブルーダイヤモンド」(松山観光港)
スターダイヤモンド
「スターダイヤモンド」(松山沖)
スターダイヤモンド
「スターダイヤモンド」(高浜瀬戸)
スターダイヤモンド
「スターダイヤモンド」と防予汽船
デッキ
デッキ
デッキ
デッキ
スターダイヤモンド
「スターダイヤモンド」(松山観光港)
ブルーダイヤモンド
「ブルーダイヤモンド」(高浜瀬戸)
ブルーダイヤモンド
「ブルーダイヤモンド」(松山観光港)
ブルーダイヤモンド
「ブルーダイヤモンド」とタグ「日田丸」
スターダイヤモンド
「スターダイヤモンド」(高浜瀬戸)
ブルーダイヤモンド
「ブルーダイヤモンド」(高浜瀬戸)
ブルーダイヤモンド
「ブルーダイヤモンド」(松山観光港)
ブルーダイヤモンド
「ブルーダイヤモンド」(松山観光港)
ブルーダイヤモンド
「ブルーダイヤモンド」(今治港)