おれんじ7
オレンジフェリー(四国開発フェリー)
「おれんじ7」
東予(愛媛県)大阪南港に就航
船名「おれんじ7」
総トン数 9,917GT
全長・全幅163.6m×25.6m
航海速力22.5kt
旅客定員750名
積載能力トラック139台
造船所今治造船今治
就航1994年07月
IMO No.9087726
運航している東予〜大阪南港の航路は距離としては中距離航路ですが、夜行便を運航していて九州〜関西の長距離フェリーにも負けない立派な設備がある大型フェリーです。
「おれんじ7」は5年後に就航した「おれんじ8」と船のサイズなど基本的な部分は同型です。昔は航路が長くないのを利用して、1隻で24時間で戻ってくるような24時間運航(「おれんじ7」は大阪南港を夜に出港し、翌朝愛媛側に寄港、そのまま夜には大阪南港に戻ってくるダイヤ)をしていました。現在は「おれんじ7」「おれんじ8」の2隻が交互に毎日1便夜行便を運航しています。そのため、1日おきに客室構成などが若干違いますので予約の際にはご注意ください。
本船は最上階以外は、 客室が両サイド一杯まであり両サイドにデッキがありません。そのため、客室からの景色はよく、外から見ると上部が大きく見えます(窓の前にデッキがない分、窓の掃除がされにくくなりますが)。
関西〜松山・今治航路がなくなった今は、愛媛と関西を結ぶ重要な航路で、愛媛側の発着港は東予港(西条市)ですが、港から松山市、今治市、新居浜市などに連絡バスがあり、それぞれから簡単にアクセスすることができます。

船内のデザインは1999年就航の「おれんじ8」が落ち着いた配色になっているのに対して、1994年就航の本船は華やかな作りになっています。船内は3層構造になっていて一番上は展望ラウンジとなっています。夜の出港時間が遅かったりしますがレストランも長く営業していてとても便利です。

客室構成は、バス・トイレ付でリビングとベット部分に分かれて広い特別室、特等A(バス・トイレはなく他社での1等と特等の中間のイメージ)、4名個室の特等B(他社の1等4名の設備)から、相部屋のベットルームの2等寝台、雑魚寝の大部屋の2等まで豊富にあります。「おれんじ8」にはない、特等1名個室があるのが特徴ですが、航路の距離の短さからか、九州への瀬戸内海航路の大型フェリーに多い安価な1名個室がこの航路にはありません。この航路は連休など人気が高く、個室は早く満室になりやすいですので早めの予約をおすすめします。

パブリックスペースは、レストラン、展望大浴場、売店、展望ラウンジなど長距離フェリーに必要なものがひと通りあります。

本船の乗船記はこちらをご覧ください。

発着するフェリーターミナルについては下記をご覧ください。
大阪南港フェリーターミナル
おれんじ7
エントランス
おれんじ7
デッキ
おれんじ7
エントランス
おれんじ7
エントランス
おれんじ7
デッキ
おれんじ7
通路
おれんじ7
レストラン
おれんじ7
デッキ
おれんじ7
エントランス
船内
船内
デッキ
デッキ
おれんじ7
船内
おれんじ7
「おれんじ7」(新居浜港)
おれんじ7
「おれんじ7」(新居浜港)
おれんじ7
「おれんじ7」(新居浜港)
おれんじ7
船内
おれんじ7
スカイラウンジ
おれんじ7
「おれんじ7」
おれんじ7
船内通路
おれんじ7
デッキ
おれんじ7
船内
おれんじ7
エントランス
おれんじ7
案内所
おれんじ7
洗面台
おれんじ7
デッキ
おれんじ7
「おれんじ7」(備讃瀬戸)
おれんじ7
「おれんじ7」(備讃瀬戸)
おれんじ7
「おれんじ7」(備讃瀬戸)