おれんじえひめ
オレンジフェリー(四国開発フェリー)
「おれんじ えひめ」
東予(愛媛県)大阪南港に就航予定
船名「おれんじ えひめ」「おれんじ おおさか」
総トン数 14,749GT約15,000GT
全長・全幅199.9m×27.5m
航海速力19.0kt
旅客定員519名
積載能力不明
造船所あいえす造船
就航2018年8月25日2018年12月6日予定
IMO No.--
「おれんじ えひめ」「おれんじ おおさか」は、「おれんじ7」「おれんじ8」の代替船として、愛媛県今治市のあいえす造船(今治造船グループ)で建造されました。本船は、日本で初めての全室個室の夜行フェリーです。オレンジフェリーとして過去最大のサイズで、狭かった東予港では新しい岸壁に移動しました。大阪南港でも桟橋を改修し、船尾付けに変更になりました。船首のランプウェイは廃止されています。「おれんじ えひめ」は「おれんじ8」のオレンジ色のライン、「おれんじ おおさか」は「おれんじ7」の青色のラインが船体にあります。

客室構成は、バス・トイレ付きのロイヤル(ツインとダブル)、旧来の特等にあたるスイート(和・和洋・洋室)、デレビや洗面台、窓があるデラックスシングル、内部屋でベットのみのシングルで構成されています。一部にはペットと一緒に泊まれるウィズペットルームもあります。

パブリックスペースは、大浴場のほか、シャワールームも用意され、レストラン、展望ラウンジなど従来のオレンジフェリーにあった豊富な設備が踏襲されています。

発着するフェリーターミナルについては下記をご覧ください。
大阪南港フェリーターミナル
東予港オレンジフェリーターミナル(旧ターミナル)
おれんじえひめ
「おれんじえひめ」