阪九フェリー「いずみ」乗船記
泉大津(大阪府)→新門司(北九州)
乗船時期:2015年6月
  • 2015年6月に、新門司から泉大津まで阪九フェリー「いずみ」に2回目の乗船をしました。
    ※就航1ヶ月後の2015年2月に乗船した前回の乗船記はこちら(船内設備についてはこちらに多く書いています)
    今回も北九州の瀬戸内海側にある新門司港から、大阪府南部の泉大津港までの乗船です。
  • ターミナルにつくと大きなビルのような船体がトラックなどの積み込みを始めています。
  • 今回利用した客室はデラックス和(2〜3名個室)
    旧来の等級では1等にあたる客室なのでバス・トイレは部屋の外ですが、畳の香りがするしっかりとした客室です。「いずみ」では最大2名などの個室を減らして3〜4名の個室が多くそれらの客室を2名でも貸切料金なしで利用できるようにすることで様々な需要に対応できるようになっています。
  • 畳敷きの部屋の入口に洗面台があります。エアコンも個別に設定ができます。
  • 新門司港の隣で徳島・東京行きの「おーしゃんいーすと」が出港準備中。
    この日は残念ながら小雨が降っていました。
  • 定刻の17:30に新門司港を出港。
  • 雨で見づらいですが、前方が見える展望室からは、港を出て行く様子を見ることができます。
  • 新門司港を出港し、関門海峡から周防灘に伸びていく航路に近づいた頃、沖を6隻の護衛艦が縦一列に並んで関門海峡に向かって行きました。訓練か何かでしょうか。
  • 日没も迫った周防灘で普段は見れないフェリーを見れました。福岡県の博多港と韓国・釜山港を結んでいる国際フェリーの「ニューかめりあ」。1年に1回の定期ドックを終えて、神田造船川尻工場から博多港に帰るところです。
  • 2015年に建造さればかりの「いずみ」には細かい配慮がされた設備が目立ちます。
    インフォメーション横にあるのはキッズルーム。柔らかいクッションの部屋で、アニメのビデオ画面もあり、窓は丸窓を使ってかわいくなっています。
  • 個室でない相部屋を利用の乗客のための着替える部屋もあります。
  • そのほか、船内の設備については、前回の乗船記をご覧ください。
  • 出港が17:30と早めの便ですので、夕食は船内で食べました。
    レストランは1品いくらの形式で、トレーの上に乗せていきレジで支払いをします。ステーキなどメニューによっては注文後調理して席に届けられるようです。
  • フェリー会社によっては質の割に高めの料金のレストランになっていることもありますが、阪九フェリーは単価が抑えられて質もよく、いつも船内で食事をしています。
  • 前方が見える展望室は、夜間も22時まで開放されています。22時なので上り便では、海峡通過は見れず、釣島水道の手前付近までです。
    夜間、前方に灯りを漏らすと船の操船に支障がありますので、室内の灯りは足元のみで抑えられています。この部屋の上がブリッジ(操舵室)です。
  • 3層吹き抜けになっているロビーでは、プロ野球中継を流していました。福岡発の便ということでホークス戦を吹き抜けの周りから観戦している人が集まっていました。
  • 「いずみ」は、愛媛県松山市沖の釣島水道にさしかかりました。近くにある灯台から灯りの線が見えるようになり、霧が出始めました。瀬戸内海は春〜初夏にかけて霧が出やすい季節です。
  • 釣島水道の中では霧に包まれ、周りの島や船が見えなくなりました。デッキの上では、暗闇の中で灯りに照らされた白い雲の塊のようなものが風で流れていきます。周りが見えない状態ですが、「いずみ」はレーダーなどを使って変わりなく航行していきます。
  • 23時過ぎ、「いずみ」は来島海峡の西口付近に達します。この航路最大の難所でもある来島海峡を通過します。
    今回は北向きの潮流の時間帯でしたので、右側通行で西水道を通過します。追い越し禁止の場所もありますので、前の船に続いて速力は6kt程度まで落としてゆっくりと進みました。濃霧で視界が悪いからか、このエリアを管制している来島海峡海上交通センターと周りの船が頻繁に交信していたようです。
    濃霧で両岸が見えませんが、突然頭上に来島海峡大橋の街灯が見え下を通過しました。水道部を通過して、今治沖に出ると霧ははれました。
  • 翌朝4:40頃、「いずみ」は明石海峡の手間の播磨灘を順調に航海していました。右側には淡路島が見えています。
  • 「いずみ」の後には、大阪南港に向かうオレンジフェリー「おれんじ8」がいます。
  • 4:46、明石海峡大橋の下を通過しました。
  • 前方には神戸に向かうジャンボフェリー「りつりん2」がいました。明石海峡を通過して東方ブイを通過すると「りつりん2」は神戸に向けて北上し離れていきます。
  • 定刻の6時に泉大津港に到着しました。
  • 入港しても終わりではありません、阪九フェリーではゆっくりステイというサービスをやっているので、早朝に起きて6時に下船する必要はなく、7:30までゆっくりと船内にいることができます。7:30まではレストランや展望浴室も営業しているので朝食や朝風呂のあと身支度を整えられます。下船後の泉大津駅までの送迎や、車を積んでいる場合は積載場所がありますので、事前にゆっくりステイを利用したいと伝える必要があります。

    乗船した「いずみ」についての詳細はこちらをご覧ください
    泉大津港についてはこちらをご覧ください