フェリーダイヤモンド
ダイヤモンドフェリー
「クイーンダイヤモンド」
「フェリーダイヤモンド」

大分〜松山〜今治~神戸などに2007年まで就航(引退済)
船名「クイーンダイヤモンド」「フェリーダイヤモンド」
総トン数 9,023GT
全長・全幅150.9m×25.0m
航海速力23.0kt
旅客定員942名
積載能力トラック105台 乗用車50台
造船所来島どっく大西
就航期間1986年10月〜2003年3月1986年11月〜2007年11月
IMO No.86043458604333
ダイヤモンドフェリー(現在は関西汽船と合併したフェリーさんふらわあ)のフェリーとして就航しました。それまでの船体カラーリングを一新し、白い船体になり新しいタイプのフェリーとして、次のシリーズの「スターダイヤモンド」「ブルーダイヤモンド」まで続くスタイルになりました。その後の船と比べると、まだ人を運ぶ交通手段としての要素が大きく、船内は客室部分が多く、くつろげるパブリックスペースは最小限になっていたように思います。エントランス付近のスペースもそんなに広くありません。
船体の性能としては、船首船尾それぞれにスラスターを備え、2機2軸の可変ピッチプロペラがあり、操作性が高くなっていました。プロペラは2つですが、舵は1つになっています。

関西汽船などとの航路再編に伴い2003年に「クイーンダイヤモンド」が引退、2007年に「さんふらわあごーるど」の就航に伴い「フェリーダイヤモンド」が引退しました。

引退後の「クイーンダイヤモンド」は韓国で就航したのち、2014年現在ギリシャで「PRINCESS T」という船名になっているようです。船首のバウドアはなくなり、船体の延長もされているようで当時の面影が全くない。外見上だけでは気づかないような状況です。「フェリーダイヤモンド」はChina Diamond」や「Sechang Cordelia」の船名で韓国で活躍し、2013年に「PORT LINK III」になりインドネシアに行った模様です。詳しくは、"あの船は今?"をご覧ください。
エントランス
エントランス付近
売店
売店
デッキ
デッキ
いるかマーク
マーク
船内
船内
クイーンダイヤモンド
「クイーンダイヤモンド」(今治港)
デッキ
デッキ
車両甲板
車両甲板
可動式人道橋
右舷にあった可動式人道橋
ファンネル
ファンネル
人道橋
人道橋(今治港)
クイーンダイヤモンド
「クイーンダイヤモンド」(松山観光港)
フェリーダイヤモンド
「フェリーダイヤモンド」(松山観光港)
クイーンダイヤモンド
「クイーンダイヤモンド」(松山観光港)
クイーンダイヤモンド
「クイーンダイヤモンド」(新来島どっく大西)
デッキ
デッキ
クイーンダイヤモンド
「クイーンダイヤモンド」(松山観光港)
クイーンダイヤモンド
「クイーンダイヤモンド」(松山観光港)
フェリーダイヤモンド
「フェリーダイヤモンド」(今治港)
フェリーダイヤモンド
「フェリーダイヤモンド」(今治港)
クイーンダイヤモンド
「クイーンダイヤモンド」(今治港)
クイーンダイヤモンド
「クイーンダイヤモンド」(大分港)
フェリーダイヤモンド
「フェリーダイヤモンド」(来島海峡)
フェリーダイヤモンド
「フェリーダイヤモンド」(松山観光港)
クイーンダイヤモンド
「クイーンダイヤモンド」(松山沖)
クイーンダイヤモンド
「クイーンダイヤモンド」(大分港)
クイーンダイヤモンド
「クイーンダイヤモンド」(松山観光港)
クイーンダイヤモンド
「クイーンダイヤモンド」(大分港)