フェリーおおさか2
名門大洋フェリー
「フェリーおおさかⅡ」
「フェリーきたきゅうしゅうⅡ」

新門司港(福岡県北九州市)~大阪南港に就航
船名「フェリーおおさかⅡ」「フェリーきたきゅうしゅうⅡ」
総トン数 14,920GT
全長・全幅183.0m×27.0m
航海速力23.2kt
旅客定員713名
積載能力トラック146台 乗用車105台
造船所三菱重工業下関
就航2015年9月2015年11月
IMO No.97269329726982
「フェリーおおさかⅡ」は、「フェリーおおさか」の代替船として2015年に就航しました。名門大洋フェリーとして13年ぶりの新造船で、それまで1万トン未満の船を運航していましたが、初めて1万トンを超えた大型船になっています。これに伴い、大阪南港のフェリーバースは大型化に対応したF1バースに移転しました。
外見上は旧来のスタイルを踏襲し、下部を青、ハウス白色で、車両甲板の換気穴も残っています。今回、上部車両甲板の左前に新たに出入口が設けられ大阪南港で使用されています。

客室構成は、新しい呼び方を採用しています。絨毯の雑魚寝の相部屋の「エコノミー」(旧2等)、ベットルームの相部屋「ツーリスト」(旧2等洋)から個室でバス・トイレ付の「スイート」「デラックス」まであります。本船から13年前に就航した「フェリーきょうとⅡ」と比較すると、エコノミーは大幅に減り40名のみでほぼ洋室化しました。また、1名部屋の数が大きく増えています。

パブリックスペースは、レストランや展望浴室、24時間のシャワールーム、売店、コインロッカー、セキュリティボックスなど長距離フェリーに必要な設備が一通り揃っています。今回の船からキッズルームや授乳室ができました。また、エントランス後方には持ち込んだもので食事ができるようなカウンタースペースができました。「フェリーきょうとⅡ」のような長い展望ラウンジは短くなり、分散してTVラウンジができています。パブリックスペースの席数としてはあまり増えていないかもしれません。それでも瀬戸内海の1晩の船旅には十分なスペースがあります。デッキは2階に分けて広く歩くことができ、船尾付近は広くなっています。デッキには簡易なベンチのようなものもあります。


本船の乗船記はこちらをご覧ください。

発着するフェリーターミナルについては下記をご覧ください。
大阪南港フェリーターミナル
新門司港フェリーターミナル
エントランス
エントランス
エントランス
エントランス
船内図
船内図
営業時間
営業時間
展望コーナー
展望コーナー
展望コーナー
展望コーナー
売店
売店
売店
売店
レストラン
レストラン
レストラン
レストラン
レストラン
レストラン
展望浴室
展望浴室
シャワールーム
シャワールーム
エントランス後部
エントランス後部
公衆電話と携帯充電器
公衆電話と携帯充電器
エレベーター
エレベーター
コインロッカー
コインロッカー
セキュリティボックス
セキュリティボックス
キッズルーム
キッズルーム
通路
通路
自販機コーナー
自販機コーナー
客室(ファーストS)
客室(ファーストS)
エントランス
エントランス
TVラウンジ
TVラウンジ
通路
通路
車両甲板
車両甲板(乗用車用)
電気自動車充電器
電気自動車充電器
船の位置表示
船の位置表示
車両甲板
船尾の車両甲板
フェリーおおさか2
「フェリーおおさかⅡ」(大阪南港)
フェリーおおさか2
「フェリーおおさかⅡ」(大阪南港)
フェリーおおさか2
「フェリーおおさかⅡ」(大阪南港)
フェリーおおさか2
「フェリーおおさかⅡ」(大阪南港)
デッキ
デッキ