さんふらわあ にしき
フェリーさんふらわあ
「さんふらわあ にしき」
「さんふらわあ こがね」

大分~松山~大阪南港に2010年1月まで就航(引退済)
船名「さんふらわあ にしき」「さんふらわあ こがね」
総トン数 9,711GT9,710GT
全長・全幅150.9m×25.0m
航海速力22.1kt
旅客定員942名
積載能力トラック100台 乗用車60台
造船所カナサシ豊橋
就航期間1992年12月〜2010年1月1992年07月〜2010年1月
IMO No.90427649042726
「さんふらわあ こがね」「さんふらわあ にしき」は関西汽船が大分・別府〜松山・今治〜神戸・大阪航路で運航していたフェリーです。「さんふらわあ こがね」は晩年(2008〜2010年)ダイヤモンドフェリーに移籍して、共同運航便として運航していました。
本船は関西汽船の純客船「こばると丸」「あいぼり丸」の代替船として就航し、これにより関西汽船の別府~大阪航路は全ての便がフェリーとなりました。外見からもダイヤモンドフェリーの「ブルーダイヤモンド」(1990年建造-2008年引退)「スターダイヤモンド」(1991年建造-2008年引退)と似ており、建造された造船所は違いますが、基本設計は同じになっています。その為、細かいところを除けば客室構成以外の通路・設備の位置などほとんど同じです。エンジンも同じ物を使用しています。

船内の客室構成は上のAデッキと下のBデッキの2層構造で、A・Bデッキの前方に特等・1等客室、Aデッキ後方に2等寝台、Bデッキ後方に2等客室となっていました。なお、Bデッキ後方にあった「にしきホール」「こがねホール」以前臨時2等としても使われていましたが、晩年は畳が敷かれて常時2等客室として使われていたようです。

外見は、いかにも瀬戸内海のフェリーというスタイルで、船首部は海面から少し上に上がると急に太くなっていて、車両甲板には換気口があります。
さんふらわあにしき
「さんふらわあにしき」船内
さんふらわあにしき
「さんふらわあにしき」(高浜瀬戸)
エントランス
「さんふらわあにしき」エントランス
1等2名部屋
1等2名客室
1等2名部屋
1等2名客室
船内
船内
特等1名部屋
特等1名部屋
船内
船内
ファンネル
ファンネル
デッキ
デッキ
船内客室
船内客室
デッキ
デッキ
デッキ
デッキ
ファンネル
ファンネル
さんふらわあこがね
「さんふらわ こがね」(別府港)
デッキより
デッキより
さんふらわあこがね
「さんふらわ こがね」(大阪南港)
さんふらわあこがね
「さんふらわ こがね」(大阪南港)
さんふらわあこがね
「さんふらわ こがね」(大阪南港)
さんふらわあにしき
「さんふらわ にしき」(高浜瀬戸)
さんふらわあにしき
「さんふらわ にしき」(松山観光港)
デッキ
デッキ
車両甲板
車両甲板
航跡
航跡
さんふらわあこがね
「さんふらわあ こがね」(大阪南港)
デッキ
デッキ
さんふらわあこがね
「さんふらわ こがね」(新来島どっく大西)
来島海峡大橋
デッキから来島海峡大橋
デッキ
デッキ
さんふらわあこがね
「さんふらわ こがね」(新来島どっく大西)
デッキ
デッキ
さんふらわあにしき
「さんふらわあ にしき」(大阪南港)
さんふらわあこがね
「さんふらわ こがね」(新来島どっく大西)
デッキ
デッキ
国際信号旗
国際信号旗