【ここからの船旅】
阪九フェリー(新門司行)

阪九フェリーのうち泉大津便が利用しているターミナルです。大阪府南部の工業地帯の中にあります(大阪市より南、関西空港より北のようなイメージ)。工業地帯の中にあるため、徒歩でのアクセスは悪く、専用のシャトルバスを利用する必要があります。泉大津駅からの無料バスと、大阪市難波からの有料バスがあります(2014年時点)。車でのアクセスは便利で高速の出口からすぐです。ターミナル内での公衆Wifiはありません。周辺にもコンビニや食事をする場所は見当たりませんので街中で済ませてくることをおすすめします。泉大津港のフェリーターミナルは2001年に対岸に移転しています。(道路は繋がっているので以前の場所の前を通って行く形になります)

確認時期:2014年11月
  • ターミナルのフロア図
    シンプルなターミナルです。1Fにチケットカウンター、2Fが待合室、3Fが乗船口です。
  • 1Fのチケットカウンター
  • 1Fのチケットカウンターの出口側に、このターミナルから大阪市難波のOCATへのシャトルバスのチケット販売機があります。ターミナルから乗車するときはここで購入し、OCATから乗車するときは乗車時にバス内で払います。
  • 1Fに自販機もいくつか並んでいます。
  • コインロッカーはエスカレーターで2Fに上がったところにあります
  • ターミナル2Fの待合室。右奥に売店です。
  • 2Fの売店。あまり品揃えはよくありませんので、事前に購入されて来ることをおすすめします。周辺にもコンビニはありません。