フェリーくるしま
松山・小倉フェリー
「フェリーくるしま」「フェリーはやとも2」
小倉(北九州市)~松山観光港に就航
船名「フェリーくるしま」「フェリーはやとも2」
総トン数 4,277GT4,238GT
全長・全幅119.0m×21.0m
航海速力18.0kt
旅客定員756名530名
積載能力トラック73台 乗用車41台
造船所新来島どっく大西
就航1987年04月1987年09月
IMO No.86251798700448
この航路は1973年に開設され、約40年間にわたり、関西汽船やその後のフェリーさんふらわあによって運航されてきましたが、同社での運航は2013年3月末に終了し、2013年4月からは、使用船舶、ダイヤ、運賃などすべてを引き継ぐ形で、松山・小倉フェリーによって運航されています。松山・小倉フェリーは、松山〜広島航路などを運航する石崎汽船の子会社です。
まだ情報が少ないこともあり、ここでの記載は主にフェリーさんふらわあ時代のものをベースに記載していますが、基本的には変更はないものと思われます。

長距離の航路ではありませんが夜(21:55)出港、05:00到着の夜間航行で小倉・松山間に「フェリーはやとも2」「フェリーくるしま」が就航しています。又、ドック期間中は1隻体制で小倉→松山は昼便が運航されます。

この姉妹は船首にバウバイザーもなく瀬戸内仕様の作りになっています。船内の客室は一部2層(2等客室の1部屋のみ上のデッキ)になっていて、航路の短さからレストランはなく軽食のみの販売となっています。瀬戸内海最高齢の船体で比較的短い航路であり、船内構造は他船より1~2世代前の作りになっています。浴室は上等級と2等で別れていて上等級は小さな展望浴室、2等は窓なしの浴室が設置されています。

小倉側の岸壁は2003年に砂津から浅野へ移動しました。どちらも小倉駅から近く移動するのに非常に便利な場所です。
発着するフェリーターミナルについては下記をご覧ください。
小倉港
松山観光港

「フェリーくるしま」乗船記(2017年1月)
船内
船内
2等寝台客室
2等寝台客室
フェリーくるしま
「フェリーくるしま」(松山観光港)
フェリーはやとも2
「フェリーはやとも2」(小倉港)
フェリーくるしま
「フェリーくるしま」(松山観光港)
フェリーくるしま
「フェリーくるしま」(松山観光港)
フェリーはやとも2
船尾
フェリーくるしま
「フェリーくるしま」(松山観光港)
フェリーはやとも2
「フェリーはやとも2」(松山観光港)
フェリーくるしま
「フェリーくるしま」(松山観光港)
フェリーくるしま
「フェリーくるしま」(松山観光港)
フェリーくるしま
「フェリーくるしま」(松山観光港)
フェリーくるしま
「フェリーくるしま」(松山観光港)
デッキ
デッキ
フェリーはやとも2
「フェリーはやとも2」(松山観光港)
フェリーはやとも2
「フェリーはやとも2」(小倉港)
フェリーくるしま
「フェリーくるしま」(関門海峡)
フェリーくるしま
「フェリーくるしま」(松山観光港)
車両甲板
車両甲板
小倉便
高浜瀬戸
フェリーくるしま
「フェリーくるしま」(松山観光港)
フェリーくるしま
「フェリーくるしま」(関門海峡)
フェリーくるしま
「フェリーくるしま」(松山観光港)
フェリーはやとも2
「スターダイヤモンド」「フェリーはやとも2」
ファンネル
ファンネル(関西汽船時代)
フェリーはやとも2
「フェリーはやとも2」(小倉港)
フェリーくるしま
「フェリーくるしま」(関門海峡)
フェリーくるしま
「フェリーくるしま」(松山観光港)
フェリーはやとも2
「フェリーはやとも2」(松山観光港)