【ここからの船旅】
名門大洋フェリー(大阪南港行)

九州北部から関西・関東へのフェリーの窓口が北九州市の新門司港です。新門司港にはそれぞれの会社や行き先に合わせて4つのターミナルがあります。このターミナルは港の南側に位置する名門大洋フェリー(大阪行)です。阪九フェリーやオーシャン東九フェリーはここから離れていますので間違いないようにしましょう。名門大洋フェリーのターミナルは2015年に新しく建築されました。旅客が出入りするのは2フロアです。
ターミナルまでの公共交通機関はありませんが、フェリーの発着時間に合わせて小倉駅・門司駅からの無料シャトルバスが運航されています。これ以外の最寄りの公共交通機関は門司駅から西鉄バスの47/48番系統などでバス停「二十田」まで行くと徒歩25分程度ですが、歩道のない狭い道を歩くことになりますので夜間などおすすめしません。ターミナルにタイムズカープラスのレンタカー(カーシェアリング)があります。

確認時期:2015年09月
  • 1Fのチケットカウンター
  • 1Fには自販機があります。(2Fにもあります。)
  • 乗船口のあるフロアとは階段、エスカレーターのほか、エレベーターもあります。
  • エスカレーターと階段。外見で右側に見えるスロープ状の屋根の部分です。ターミナルはシンプルな構造をしています。
  • 乗船口のある上のフロア(3階?)に待合室があります。
  • 待合室にはテーブルのあるエリアがあり、奥にはカウンターのようなものがあります。もしかしたら、夕方などは食事が購入できるのかもしれません。
  • 自販機は待合室のフロアにもあります。
  • 少量ですが、コインロッカーもあります。
  • 海側から見たフェリーターミナル。人道橋の左側が新ターミナル、右側が旧ターミナルになります。
  • 待機岸壁側に車両の積載ができる可動橋が新設されていますが、今のところ使われていないようで用途はよくわかりません。
  • ターミナル正面からは小倉駅、門司駅までのシャトルバスがフェリーの発着に合わせて出ています。
  • フェリーターミナル前の駐車場にはタイムズカープラスのカーシェアリングが2台置かれています。