日東タグ


「愛鳳丸」「英鳳丸」「海鳳丸」「翔神丸」「祥鳳丸」
エスコート船はこちらに掲載
  • 「愛鳳丸」(AIHO MARU)
    総トン数:192トン
    出力:3,500PS
    常駐港:名古屋港
    竣工年:2005年
    IMO 9094377 MMSI 431000675

    ブリッジの窓は黒く、前面は最近多い一枚窓となっています。
    第3・4種消防設備船です。
    「愛鳳丸」は水島常駐として就航しましたが、系列であるケイラインポートサービスのタグとして愛知県名古屋港に移動となりました。本船は元々、伊勢湾地区に就航予定だったようで船籍は名古屋に、船名の「愛」は愛知が由来のようです。またこれに伴い名古屋港に就航していた「名鳳丸」が水島に移動になっています。
  • 愛鳳丸
    2005.12(水島港)
  • 「英鳳丸」(EIHO MARU)
    総トン数:153トン
    出力:2,600PS
    常駐港:神戸港(ポートアイランド北)
    竣工年:1984年
    IMO 8415299 AIS非搭載
    神戸港のタグは各社から1隻がⅢ型と呼ばれる3000~4000PS、また神戸市・三洋海事・日本栄船を除く神戸中心のタグ社は他に大型と呼ばれる2000~3000PSのタグを2隻運航しています。昔からの名称ですので現在ではⅢ型→大型、大型→中型という感じです。

    本船は「大型」と呼ばれる出力2600PSタイプで近年の大型船支援のタグとしてはやや少なめになっています。神戸空港工事終了で警戒船配置になっていた神戸の「中型」タグが相次いで売船されたため神戸港常駐タグの中では中型の部類になりました。第3・4種消防設備船で明石海峡でのエスコートの許可板があります。
  • 英鳳丸
    2009.09(神戸港)
  • 「海鳳丸」(KAIHO MARU)
    総トン数:190トン
    出力:4,000PS
    常駐港:水島港(港湾合同庁舎南)
    竣工年:2005年
    IMO 9093660 MMSI 431402026

    ツインファンネルだった旧「海鳳丸」の代替船として金川造船で2005年に竣工した新「海鳳丸」です。主力タグとしての4000PSの出力を持ち、ダブルテンションとなっています。5管区・6管区両方の瀬戸内海全域でのエスコート許可を持っています。「東鳳丸」と似ていますが、船尾の曳航設備が下のデッキにあります。
  • 海鳳丸
    写真提供:ゴッドフェニックスさん
  • 「翔神丸」(SHOJIN MARU)
    総トン数:237トン
    出力:4,200PS
    常駐港:常石港
    竣工年:1997年
    IMO 9159127 MMSI 431400641

    船主は神原タグマリンサービス(旧常石ポートサービス)と思われます。就航時の船名は「鳳神丸」でしたが、2015年1月に新「鳳神丸」の就航に伴い「翔神丸」と船名を変えました。
  • 翔神丸
    2006.01(坂出港)
  • 「祥鳳丸」(SHOHO MARU)
    総トン数:188トン
    出力:4,000PS
    常駐港:神戸港(六甲アイランド)
    竣工年:2014年
    IMO 不明 MMSI 431005375

    神戸港に常駐していた前「祥鳳丸」の代替船として就航しました。背がとても低い構造をしているのが特徴です。マストも折れて短くなるようになっています。
    神戸港を中心に、大阪港や泉北港でも活動することがあります。
  • 祥鳳丸
    2015.02(神戸港)