瀬戸内海のエスコート船


「ないかいⅡ」「おおとり」「東洋」「シリウス」「ぎんが」
来島海峡・備讃瀬戸・明石海峡などのエスコート業務は瀬戸内海に配置された多くのタグも行えますが、明石海峡通過の巨大船などタグとしての能力を必要としない場合などでは専門のエスコート船が進路警戒に付くことが多いです。また、通過船でもタグがエスコートにつくこともありますし、入港する港近くでもエスコート業務のみエスコート船がエスコートすることがあります。

これらエスコート業務を行う船舶はVHFで本船パイロットと絶えず連絡をとり、本船の情報などをマーチスに伝えたりマーチスからの情報を本船に伝える他、接近が予測される船に近づいてVHFやスピーカーで動静の確認をしたり、操業漁船にスピーカーで本船の接近を知らせたりします。特にエスコート船はタグボートより速力が出るのが特徴ですばやく動いています。また、万が一の場合は放水銃など消防設備で対応できるようになっています。
  • 「ないかいⅡ」(Naikai No.2)
    総トン数:75トン
    速力:25kt
    常駐港:長田港(兵庫県神戸市)
    竣工年:2007年
    MMSI 431000283
    運航:内海曳船

    内海曳船が運航するエスコート船で、常駐場所にも近い明石海峡・大阪湾を活動場所とし、主に泉北や姫路に入港するLNGタンカーの友ヶ島水道から港までのエスコートを行っています。たまに、備讃瀬戸エリアのエスコートまで出張することもあります。
  • ないかい2
    写真提供:第二ななしまさん (尾道港)
  • 「おおとり」(Ootori)
    総トン数:70トン
    速力:25kt
    常駐港:水島港
    竣工年:1999年
    MMSI 431000153
    運航:内海曳船

    2007年から水島港常駐して、主に備讃瀬戸での大型タンカーのエスコート業務を行っています。播磨灘〜明石海峡のエスコートを行うこともあります。ごくまれに、山口県柳井港に入港するLNGタンカーの伊予灘でのエスコート業務も行っています。
  • おおとり
    写真提供:第二ななしまさん (明石海峡)
  • 「東洋」(TOYO)
    総トン数:117トン
    速力:22kt
    常駐港:神戸港
    竣工年:2008年
    MMSI 431000747
    運航:三洋海事・日東タグ

    「東洋」は2008年8月に畑山造船で竣工したエスコート船です。三洋海事・日東タグ共同のエスコート船のようです。 主に明石海峡〜備讃瀬戸エリアのエスコートをやっています。
  • 東洋
    2014.05(備讃瀬戸)
  • 「シリウス」(SIRIUS)
    総トン数:72トン
    速力:22kt
    常駐港:神戸港
    竣工年:2008年
    MMSI 431000347
    運航:日本栄船

    日本栄船のタグ「ふぁるこん」から始まった流れで船体には船名にちなんだロゴが描かれています。他のエスコート船より大きく、117トンあります。友ヶ島水道から明石海峡や泉北などの大阪湾内を中心に活動し、まれに備讃瀬戸まで行くこともあるようです。瀬戸内海全域でのエスコート許可を持っています。
  • シリウス
    写真提供:すぐるさん 2008.08(泉北港)
  • 「ぎんが」(GINGA)
    総トン数:78トン
    速力:25kt
    常駐港:長田港(兵庫県神戸市)
    竣工年:2003年
    MMSI 431301704
    運航:日本栄船

    商船三井系で瀬戸内海全域・伊勢湾に多くのタグを配置している日本栄船のエスコート船です。(写真左)2003年に就航し、明石海峡〜友ヶ島水道などの大阪湾内を中心に活動をしています。
  • ぎんが
    写真提供:ねこフェリーさん (長田港)