日本栄船


「あけの丸」「あさか丸」「飛鳥丸」「おおつ丸」「かいた丸」
エスコート船はこちらに掲載
  • 「あけの丸」(AKENO MARU)
    総トン数:196トン
    出力:3,500PS
    常駐港:名古屋港
    竣工年:2016年
    IMO 9800556 MMSI 431008554

    近年日本栄船で多いスタイルで、前年に就航した「おおつ丸」と外見上はそっくりですが、出力は少なくなり3,500PSとそんなに大きいものではありません。神戸の金川造船で建造されました。主に名古屋港内でのハーバータグ作業をやっていて、近隣の四日市などには行くこともあるようです。
  • あけの丸
    2017.06(名古屋港)
  • 「あさか丸」(ASAKA MARU)
    総トン数:233トン
    出力:4,400PS
    常駐港:広島港
    竣工年:2012年
    IMO 8664125 MMSI 431003905

    2層タイプの背が低いタグで、外見上は「あわじ丸」とそっくりですが、「あさか丸」の方が全長が長く少し大きくなっているようです。先代は漢字の「朝香丸」でしたが、本船はひらがなになっています。広島港に常駐し、三島川之江や備讃瀬戸から徳山など広い範囲で活動しています。広島常駐ですが、以前坂出にいたためか、明石海峡のエスコート許可も持っています。
  • あさか丸
    写真提供:かずやんさん
  • 「飛鳥丸」(ASUKA MARU)
    総トン数:192トン
    出力:3,200PS
    常駐港:宇部港(山口県)
    1974年竣工〜2016年
    IMO 7405259 MMSI 431400711

    宇部ポートサービスが運航する「飛鳥丸」です。日本栄船のタグではありませんが、関係が深いためここに掲載しました。1974年竣工で長年にわたり宇部港で活動していましたが、2016年夏に引退した模様です。
  • 飛鳥丸
    2004.01(宇部港)
  • 「おおつ丸」(OHTSU MARU)
    総トン数:196トン
    出力:4,400PS
    常駐港:徳山港(山口県)
    竣工年:2015年
    IMO 9765811 MMSI 431006605

    「かいた丸」の代替船として2015年に就航しました。2層タグでファンネルのあるスタイルで「あわじ丸」とほぼ同型のようです。
  • おおつ丸
    写真提供:かずやんさん

  • 「かいた丸」(KAITA MARU)
    総トン数:194トン
    出力:4,000PS
    1997年竣工〜2015年引退
    IMO 9156620 MMSI 431300493

    スタイルは3層タグでダブルテンションと東京湾のタグのようになっています。2004年4月まで同型船「かみや丸」と共に広島港を常駐港にしていましたが、新造船「かさど丸」の就航に伴って坂出港へ移動、さらに2006年02月頃、宇部ポートサービス「うべ丸」に代わって宇部港へ移動となり、その後場所を三田尻中関港に変えていました。徳山への「おおつ丸」就航に伴い引退し関門海峡を通過してどこかに売船されたようです。一時期は韓国・釜山でも目撃されています。
  • かいた丸
    2003.02(松山港)