日本栄船


「たまの丸」「とらいとん」「長門」
エスコート船はこちらに掲載
  • 「たまの丸」(TAMANO MARU)
    総トン数:193トン
    出力:4,200PS
    常駐港:日比港(岡山県)
    竣工年:2002年
    IMO 9279355 MMSI 431401934

    2層構造と背が低いのが特徴です。斜め下を向いたブリッジ前面の窓のためかスマートに見えます。「たまの丸」にはバウバスバウがあり、速力も航海速力で15.5ktと速めです。
    備讃瀬戸エリアを中心に、西は広島湾や松山まで広い範囲で活動しています。
  • たまの丸
    2004.12(日比港)
  • 「とらいとん」(TRITON)
    総トン数:209トン
    出力:4,400PS
    常駐港:泉北港(大阪府)
    竣工年:2008年
    IMO 9511545 MMSI 431000673

    金川造船で建造され、2008年夏に就航しました。「ふぁるこん」とほぼ同型と思われるエスコート重視タイプでバルバスバウがあります。「ふぁるこん」に始まり、エスコート船「シリウス」でも引き継がれた船体へのロゴのマーキングと船名の命名は本船でも行われています。
  • とらいとん
    2009.09(泉北港)
  • 「長門」(NAGATO)
    総トン数:193トン
    出力:4,400PS
    常駐港:宇部港(山口県)
    竣工年:2011年
    IMO 9606390 MMSI 431002998

    宇部ポートサービスと日本栄船の共有船になっています。カラーリングは宇部ポートサービスになっています。それまでは、日本栄船で高齢になったタグが移動してそのままのカラーリングで常駐していました。「長門」は新造船として金川造船で建造されて宇部港に常駐し、山口県の瀬戸内海沿岸を中心に活動しています。
  • こまち丸
    写真提供:かずやんさん