内海曳船


「いせしお」「浦田丸」「大田丸」「清田丸」「瀬田丸」「高田丸」
エスコート船はこちらに掲載
  • 「いせしお」(ISESHIO MARU)
    総トン数:206トン
    出力:3,600PS
    常駐港:大分港
    竣工年:1999年
    IMO 9217694 MMSI 431200699

    内海曳船では2隻(大分港と宇部港)をグリーン海事からの用船で運用しています。この2隻は船名が他と異なっていて「○○しお」となっています。本船は大分港配属で、もう1隻の内海曳船のタグと一緒に大分臨海興業のもとで活動しています。そのため船体には内海曳船マークではなく、星マークが付いています。
  • いせしお
    写真提供:だんだんさん
  • 「浦田丸」(URATA MARU)
    総トン数:206トン
    出力:4,000PS
    常駐港:広島港
    竣工年:2010年
    IMO 9646297 MMSI 431002066

    広島港に常駐し、広島周辺や徳山などで活動しています。
  • 浦田丸
    写真提供:NCFさん
  • 「大田丸」(OHTA MARU)
    総トン数:179トン
    出力:3,600PS
    常駐港:因島(広島県)
    竣工年:1993年
    IMO 9067893 MMSI 431300105

    呉のあと、水島に常駐していましたが、2011年から今治、2015年からは因島に常駐しています。因島常駐ということで、造船所での活動が多いのが他の内海曳船タグとの違いです。
  • 大田丸
    2017.07(因島)
  • 「清田丸」(KIYOTA MARU)
    総トン数:178トン
    出力:3,600PS
    常駐港:今治港
    竣工年:1998年
    IMO 8944094 MMSI 431301132

    今治港を中心にしまなみでのドック支援、三島川之江など周辺港での支援を行っています。同じタイプは「大田丸」「長田丸」「誉田丸」で太いマストが特徴です。
  • 清田丸
    2015.06(来島海峡)
  • 「瀬田丸」(SETA MARU)
    総トン数:224トン
    出力:4,400PS
    常駐港:呉港(神田造船)
    竣工年:2015年
    IMO 9815082 MMSI 431006659

    2015年に大阪のダイゾーで建造されたタグで、1年前に就航した「福田丸」タイプの2隻目になります。この後就航している「富田丸」も同型になっています。「福田丸」より前の「有田丸」から続くシリーズともブリッジ上の形状など除けばほぼ同型です。内海曳船の新しい標準タグとして活動しています。
    造船所に常駐していますが、神田川尻などの造船所での活動だけでなく、広島や岩国、江田島などでの活動や、愛媛県の菊間での活動も多いタグです。
  • 瀬田丸
    2017.07(今治・大西沖)
  • 「高田丸」(TAKATA MARU)
    総トン数:193トン
    出力:3,600PS
    常駐港:小松島港(徳島県)
    竣工年:1979年
    IMO 7903134 MMSI 431301712

    「高田丸」は旧「日田丸」、旧「富田丸」に似ていますが一回り小さくなっていて、ファンネルの隙間に折り畳み式の消防設備がありません。ほぼ同じタイプに「瀬田丸」「勝田丸」があります。内海曳船の中で最高齢のタグです。
    常駐港は2003年まで因島で主にドックに出入りする船の支援をしていましたが、2003年12月に主機を変えて小松島に常駐場所が変わり、泡式消防設備も設置されました。
  • 高田丸
    写真提供:T-fanさん (小松島港)