関釜フェリー「SEONG HEE」乗船記
下関港(山口県)→釜山港(韓国)
乗船時期:2017年7月
  • 翌朝の5時30分、早起きすると外はもう明るくなっていました。外に出ると、まわりが全く真っ白の幻想的な霧に包まれていました。船の前方から船尾までがみえないほどの濃い霧でしたが、船はレーダーを使って変わりなく予定通り釜山港にむけて進んでいます。GPSでみてみると、船はもう釜山港の沖まで来ています。写真で見ると涼しそうに見えますが、7月のこの日は霧の中でも蒸し暑かったです。
  • 一瞬、霧が薄くなると太陽が姿を見せました。空は晴れていても海面付近は霧の中です。
  • 濃い霧に包まれたまま釜山港に入港していきます。GPSでみると釜山港の入口の防波堤を過ぎているのですが、その防波堤すら見えません。静かにゆっくりと入港していきます。すると、前方右側にコンテナ埠頭のクレーンの先端と思われる部分が見えてきました(写真)。大きさからして距離が近いのですが、海面付近は濃い霧で上だけしか見えていません。
  • さらに近づくと、クレーンの上半分だけはっきり見えてきました。
  • 港の中に入って徐々に霧が上から晴れてきました。左側を見ると、遠く雲海の向こうに陸地が見えてきました。韓国の大地をようやくみることができました。海面付近は霧に覆われて見えません。
  • 釜山港にかかる吊橋の下に向けて進みます。吊橋ははっきりと見えていて幻想的な風景です。
    突然、汽笛が1回鳴りました。
  • 目を凝らしていると、港の中からコンテナ船が1隻出てきました。
  • 霧の中、コンテナ船とすれ違っていきます。
  • 右側にはタグボートの待機場所があります。
  • 橋をすぎると、霧は急に晴れました。
  • 目的のフェリーターミナルは目の前にあります。釜山港の国際フェリーターミナルは2015年に北側に移転し、新しいフェリーターミナルは釜山駅の裏にあります。入港してきた船はそのまままっすぐ進むとターミナルになります。このときの時間は6時25分。釜山港に入港して下船開始は8時ですが、その1時間半前には岸壁に着岸します。これは国際航路なので釜山の入管や税関の開始時刻を待つためで着岸したままじっと時間になるのを待ちます。乗船手続き〆切の18:30から下船開始の8:00まで13時間半の船旅ですが、実質航海しているのは19:45から6:30の11時間程度です。
  • 下船開始は8時ちょうどから始まりました。それより前に個室の鍵の回収がありました(最近は減りましたが、昔の国内航路では同じように回収が早かったです)。下船すると広く新しいフェリーターミナルに向けて長い通路を歩いていきます。右側のスロープは乗船するときに出国ゲート側から伸びている通路です。釜山港は空港のように出国フロアと到着フロアが分けられています。
  • イミグレーションと税関を通過して釜山に入国です。新しくて店も多い綺麗なターミナルです。ここから釜山駅も歩いていくことができる距離にあります。

    ターミナルの設備については釜山港国際旅客ターミナルのページで紹介しています。