建造時期 1980年代 1990年代〜
日本で新造され就航した大型フェリーは、15〜20年前後で次の代替となる新造船が就航し引退します。
性能が高い日本のフェリーは、引退後すぐにスクラップになることなく、多くは海外に売られ第2、第3の人生を歩みます。
その後の人生は船によって様々。大幅に改造され元の姿が分からない船、カラーリングまでそっくりそのまま使われる船。
同じ航路に長く就航できる船もあれば、様々な国を点々としたり、厳しい環境で事故や故障により廃船になる船もあります。
日本に就航していた大型フェリーのごく一部のその後をまとめました。

※海外の船は変化が激しく、調査した当時の情報です。お気づきの点がありましたら、掲示板・メール等でご連絡下さい。

日本に就航していたフェリーのその後 (1980年代)

1990年〜 >>
IMO No.
(リンクは
外部サイト)
日本船名日本での就航その後の船名船籍活動エリア現船名の時期
8819158おれんじえーす1989〜
2005年
SHIDAO韓国中国〜韓国2008年〜
2013.12現在、韓国Gunsanと中国Shidaoを結ぶ航路に就航。
8806840しゃとる よこすか
(さんふらわあ えりも)
1989〜
2004年
YONG XIAパナマ中国〜韓国2009年〜
「New Golden Bridge VI」の船名だった時代もある
8800755フェリーふくおか1989〜
2002年
NEW BLUE OCEANパナマロシア〜韓国2013年〜
2002年〜2007年は「Superferry 16」としてフィリピンで就航
2007〜2013年は「Queen Qingdao」の船名。一時期、新潟とロシア・韓国航路に就航
8800743フェリーきょうと1989〜
2002年
C K STAR韓国韓国で係船2007年〜
2002〜2007年は「Superferry 15」としてフィリピンにいた模様。2015年頃から光陽付近で係船の模様
8618152ニューせと1988〜
2003年
HUADONG PEARL VIパナマ韓国〜中国2007年〜
引退直後は「Superferry 18」としてフィリピンに
8618140ニューはりま1988〜
2003年
ISABEL DEL MARスペインスペイン2008年〜
引退直後「Superferry 17」としてフィリピンで活躍したのち、2007年に「Huadong Pearl III」となる(韓国?)、その後2008年に「ISABEL DEL MAR」となりスペインに。2013年までに係船もしくは解体された模様。
8616336ばるな
(2代目1987建造)
1987〜
1999年
BLUE HORIZONギリシャギリシャ2000年〜
8814263びくとり1989〜
1998年
CARIBBEAN FANTASYパナマドミニカ共和国2011年
8613073しゃとるおおいた
(さんふらわあ おおあらい)
1987〜
2004年
COLOSSUSマルタギリシャ2010年〜
ギリシャで座礁事故を起こし、その影響かは不明だが2013年に解体された模様。
8604333フェリーダイヤモンド1986〜
2007年
PORT LINK IIIインドネシアインドネシア2013年〜
2007年に引退後「China Diamond」や「Sechang Cordelia」の船名で韓国で活躍。
2013年に現在の船名になりインドネシアに行った模様。
8604345クイーンダイヤモンド1986〜
2003年
PRINCESS Tパナマギリシャ2008年〜
現在の前は「New Sea World Express Ferry」の船名で韓国で就航
大規模な改造を行っていて、船首のバウドアは無くなり当時の面影がない。全長も延長されている模様。
8604278ニューしらゆり1987〜
UTOPIA 2パナマインドで解体2004年〜
「UTOPIA2」として下関〜上海航路に就航。その後相生で係船され、2016年6月にインドで解体されたと思われる。最後の回航時の船名は「TOP」
8604266ニューはまなす1987〜
2002年
UTOPIAパナマ下関〜青島2002年〜
オリエントフェリーとして日本に残っている。
1990年〜 >>
現在の夜行フェリーなどについては、瀬戸内海航路九州・四国(太平洋)航路北海道航路沖縄航路をご覧ください