長江を渡る航路 (前編)
中国・上海近郊 (宝楊路→崇明島)
乗船時期:2010年5月
  • 上海近郊の宝楊路から長江を渡る高速船とフェリーに乗りました。
    まず、上海中心部から長江の中にある島(中洲)の崇明島までのフェリーがあると聞いていた宝楊路港に行きました。
    軌道交通3号線の宝楊路駅からバスがあるみたいでしたが、面倒で歩いたら意外に長く50分ぐらいかかりました。

    写真が、チケットを発券しているターミナル。
    時刻表もなく、今発券している便のみ表示されています。ちょうど12:00発の高速船が1つあったので、とりあえずそれに乗ることにしました。
  • 中国の鉄道(飛行機?)と同じでチケットを買った後に、手荷物検査のゲートを通過して待合室のビル(写真)に移動します。
    そして時間になったら、乗船開始になります。
  • 乗船を待つ待合室。ベンチとテレビがあります。
    照明は点いてなく薄暗い部屋でした。
  • 行きは高速船のチケットを買いました。
    運賃は18元(=約250円)。30分間の高速船と考えると安いです。
  • 改札口を過ぎるとバスが待っていて前の人に続いて乗ると料金1元(=約7円)とのこと。日本のように改札口以降の移動が無料とはなりません。バスに乗らずに桟橋まで歩いている人もいます。桟橋まで距離が少しありますが、乗る必要ないぐらいだと感じました。

    浮桟橋には「Please go to toilet before boarding」と書かれています。
    中国では、フェリーなどにトイレがない場合も多く、緊急事態には、船尾で長江に地球トイレとなってしまうようです。
    今回の船は高速船で船内にトイレがありました。
  • 乗船したのは高速船タイプですが、このようなフェリータイプもあります。こちらには帰りに乗船しました。詳しくは後編で。
  • 船内は1階席が50%ぐらいうまりました。
    外国人らしき人は1人ぐらいいた気はしますが、高速船ということで多くは中国の観光客?と地元のお金がある人のようです。
  • 高速船は出航しました。
    長江は"河"ですが、中洲まで渡るのに高速船で30分。もちろん対岸は見えません。
    高速船からの写真ですが、窓の汚れと大気の曇りでなかなか見えません。長江は想像通りの黄土色の水です。写真は独特のスタイルの自動車船
  • 崇明島南門港に着きました。南門港は崇明島で一番大きな港です。
    丸っこい高速船がいました。
  • 岸の近くは浅いからか、沖に浮桟橋を出しています。