チャオプラヤエクスプレス
タイ・バンコク
乗船時期:2016年9月
  • 海ではありませんが、タイのバンコクを流れるチャオプラヤ川をボート、チャオプラヤエクスプレスに乗船しました。タイのバンコクでは交通渋滞が多く、バスがなかなかスムーズに移動できないなか、渋滞なく移動できる手段として利用されています。そのため、チャオプラヤエクスプレスには数種類のタイプの便がありますが、通勤移動メインの便は平日朝夕中心で、休日には運航していないものも多いです。今回乗船したのはこのオレンジ旗のボート。休日も運航している快速便です。
  • こちらは旅客用のターミナル。
    BTSシーロム線のSaphan Taksinと直結しているSathornから乗船。この桟橋が中心になっていて、ここから北側の桟橋にN1から順番に桟橋番号が付けられています。ここから乗る乗客は多いです。
    ちなみに、この桟橋ではツーリストボート(青旗船)のセールスが積極的に行われていますので、桟橋に係員に行き先を聞かれて窓口にで購入するとツーリストボートになります。ツーリストボートについては2ページ目をご覧ください。オレンジ旗のボートは船内で運賃を支払います。
  • このボートは多くの乗客で立っていても隣の人とたまに触れるほどの満員電車状態でした。特に乗客数をカウントしている様子もありませんので、定員は関係なく積めるだけ乗船でしょうか。
  • この写真はもう少し空いていた別のときに撮ったものです。座席はバスのように両側に2列ずつの構成です。最前部に操舵室があります。
  • 乗船したら、車掌(?)のオバちゃんが集金箱で小銭の音を立てながらやってきます。オレンジ旗のボートの運賃は15B(約45円)ですので、支払うとこのようなチケットを貰います。船内を集金してまわっているので、もし忘れられて再度集金されそうになる場合に備えて、下船まではしっかり持っておきましょう。(よく誰が支払ったか覚えているなぁと思う)
  • 乗船するとすぐに出港になります。大きな船が航行するほどは広くない黄土色の川を北上していきます。時々、別の便のボートや、チャーターした水上タクシーのようなボートとすれ違います。こちらは乗船したのと同じオレンジ旗のボート。船尾にオレンジ色の旗があるのが目印です。
  • こちらは、チャーターした水上タクシーと思われるボートで、時々爆音を響かせてものすごいスピードで走り去ります。あまりに大きな音が周りに響き渡ります。
  • チャオプラヤー川には多くの植物が浮いていて流されています。場所によっては辺り一面が浮いた植物になるほど。その除去のためか、多くの水上清掃船がいます。自力航行できそうですが、周りを取り囲んだ3つのボートが押していました。
  • 水上清掃船を前から。
  • もう1隻、水上清掃船がいました。
  • チャオプラヤー川には上流と下流方向に走るチャオプラヤエクスプレスとは別に、川を渡るだけの渡船も所々にあります。こちらはその渡船の1つ。この船も満員です。

    チャオプラヤ川の渡船の乗船記
  • やがて、観光名所の多いエリアになり、左右に寺院などが見え始めます。Wat Kalayanamitrが左側に見えています。
  • このときの目的地N9「Tha Chang」に到着。30分ほどの船旅でした。