スターフェリー
香港(尖沙咀〜中環)
乗船時期:2016年6月(尖沙咀←→中環)
  • 九龍側の尖沙咀から乗船したのは日没した19時過ぎ。まだ空は少し明るさを残していますが夜景が綺麗な時間帯になってきました。対岸の香港島の夜景がよく見えます。6月のこの日、日没を迎えてもまだまだ蒸し暑い空気です。
  • 尖沙咀のフェリーターミナルの前は、夕方になり仕事や学校が終わって遊びに出ているのか、昼間以上に多くの人で賑わっていました。
  • こちらが、中環航路の下層デッキへの乗船口、看板に「下層(Lower Deck)」と書かれています。上層と違い階段をあがることはなく1階が乗船口です。
  • 上層の乗船口と同じで、1回のみのチケットを購入するトークンと、ICカードのOCTOPUSを利用する乗船口があります。上層より安い運賃で、休日で2.8HKD(約39円)上層は3.4HKDなので、2割近く安いです。
  • 上層と違い、乗船口の通路には窓があまりありませんので、夜なのもあって少し暗い雰囲気があります。
  • 上層と同じように通路の先端のゲートで乗船開始を待ちます。
  • 上層と同じタイミングで乗船開始。デッキはすべて室外で、エアコンはありません。下層の船首・船尾にブリッジがありますので、その後ろに長椅子があるのみです。
  • 機関室のある中央部には横向きの椅子も。海面に近いのでよりデッキの雰囲気を感じられます。
  • やがて尖沙咀を出港。他のスターフェリーとすれ違ったり、隣のオーシャンターミナルの客船を支援するタグボートを近くに見れたりします。
  • ゆっくりと航行していくスターフェリー。前方には香港島の夜景。ブリッジ周りは少し暗くしているので、上層よりも夜景を綺麗に見られるかも。
  • 中環のフェリーターミナルに到着。
  • 後日、日中に中環から尖沙咀まで下層デッキに乗ってみました。桟橋よりも低い場所なので防舷材が目の前にあります。もやい綱も陸側が上になっています。
  • こちらは、スターフェリーの救命浮環。日本の船であれば船名の記載がありますが、スターフェリーという会社名のみ。船名はどこに?というと、このA2681というのが香港での船の識別番号のようです。ちなみにA2681は「日星(Solar Star)」
  • 暑い日差しが射す海の上をゆっくりと尖沙咀に向かいます。生ぬるい海風が心地いいにはあと一歩足りない暑さでした。
  • 客室最前部から見たブリッジ。その前に作業スペースがあります。ブリッジもエアコンはなさそうです。