チャオプラヤ川の渡船
タイ・バンコク
乗船時期:2016年9月
  • 海ではありませんが、タイのバンコクを流れるチャオプラヤ川を渡る渡船に乗船しました。チャオプラヤエクスプレスは川の上流と下流を結ぶ方向に進む船ですが、川を横断するだけの渡し船も現役です。英語での表記はFerryと書かれています。多くがチャオプラヤエクスプレスの桟橋の隣から出ていて、乗り継ぎも簡単です。乗船した場所では運賃はたったの3B(約9円)
    チャオプラヤエクスプレスの桟橋横の窓口で払って細いゲートを通過します。
  • 浮桟橋の上で船が来るのを待ちます。
  • 基本的には船は桟橋で待っていて、人がある程度乗船したら出発するという流れのようでした。特に時刻表はありません。
  • 桟橋に行く途中に船が出発してしまいました。タイミング悪いなぁと思っていると・・・
  • すぐ後ろに次の便がやってきました。どうやら、向こう岸で満員になって船がやってきたので、こちら側の船も出港したようでした。
    このときは2隻体制での運航。船は3隻あるようでした。
  • 船は簡単な作り。屋根のあるデッキがあって椅子があるのみ。いつも暑いタイでは客室は不要なようです(エアコンもありませんが)
  • この航路には外国人観光客も多く乗船するからか、簡素な船には似合わない大型液晶の画面がありました(放映はされてませんでした)
  • チャオプラヤ川の波に揺れながら(流れがあるのでそれなりに揺れています)出港を待ちます。
  • やがて、出港したと思うと、目の前の対岸にあっという間に到着です。
    チャオプラヤ川の流れがあるので、船はいつも上流の方を向いたまま流れに逆らうように進んで、両岸を行き来しています。
  • こちらの写真は別の航路。チャオプラヤ川にはこのような渡船が何箇所にもあります。この船はタイガービールのスポンサーでラッピングされています。

    チャオプラヤエクスプレスの乗船記