シルバーフェリー室蘭〜八戸を年内で休止の協議
シルバークイーンシルバークイーン
シルバーフェリーは2021年11月1日に、室蘭航路(室蘭〜八戸)を12月末での航路休止に向けて関係者との協議を開始したと発表しました。これに伴い、年明けからの便の新規予約受付が停止されました。10月25日に本航路の年末年始の運休が先に発表されており、現時点での最終運航は12月28日(火)の八戸発となっています。
室蘭航路は、2018年に宮古(岩手県)〜室蘭(北海道)として開設され「シルバーティアラ」就航で苫小牧航路で余剰になった「シルバークイーン」が就航していました。当初より伸び悩み、2018年から八戸への寄港を開始し宮古〜八戸〜室蘭となり、2020年4月には宮古への入港を休止し、八戸〜室蘭での運航となっていました。