関門海峡のエスコートボート


「いしみね2号」「せいじゅ」「はやとも」「まんじゅ」「めかり」
関門海峡は通過点として多くの大型船が航行する航路ですが、関門港(北九州港/下関港)の中にある航路の位置づけで港則法の適用海域で、来島海峡など瀬戸内海のような海上交通安全法ではないため、エスコートの表示板はありません。海上交通安全法のような公的に書かれたエスコートボートの配備のルールはないようですが、関門パイリットの水先引受け基準に、「前路警戒船」の名前で記載があり、関門海峡通過船の場合は、全長250mまたは1万GT以上の危険物積載船、夜間は3万GT以上または全長200m以上の自動車船が対象となります。
関門海峡のエスコートボートは表示板がなく、他の業務(綱取りや交通船など)と兼務したり、AISを搭載していないため実態の把握が難しい部分もあります。
  • 「いしみね2号」
    総トン数:不明
    速力:不明
    常駐港:若松港
    竣工年:不明
    AIS非搭載
    運航:大和港通運輸

    若松航路でエスコートをしているのを見たことがありますが詳細は不明です。おそらく若松航路での活動を行っていると思われます。
  • いしみね2号
    2017年12月(若松港)
  • 「せいじゅ」
    総トン数:不明
    速力:不明
    常駐港:門司港
    竣工年:不明
    AIS非搭載
    運航:西日本海運

    タグボートも運航する西日本海運のエスコートボートで、綱取りなども行う多目的のボートです。エスコートの吹き流しを掲げるため後ろに高いポールがあります。
  • せいじゅ
    2018年12月(関門海峡)
  • 「はやとも」
    総トン数:不明
    速力:不明
    常駐港:門司港
    竣工年:不明
    AIS非搭載
    運航:西日本海運

    タグボートも運航する西日本海運のエスコートボートで、綱取りなども行う多目的のボートです。エスコートの吹き流しを掲げるため後ろに高いポールがあります。
  • はやとも
    2019年12月(関門海峡)
  • 「まんじゅ」
    総トン数:不明
    速力:不明
    常駐港:門司港
    竣工年:不明
    AIS非搭載
    運航:西日本海運

    西日本海運のエスコートボート(多目的)の中で一番昔からある船です。一番サイズも大きいように見えます。
  • まんじゅ
    2019年12月(関門海峡)
  • 「めかり」
    総トン数:不明
    速力:不明
    常駐港:門司港
    竣工年:不明
    AIS非搭載
    運航:西日本海運

    タグボートも運航する西日本海運のエスコートボートす。2020年〜2021年ごろに就航したようです。
  • めかり
    2021年10月(関門海峡)