乗船するフェリーを選ぶときのポイントは、客室だけではありません。長時間を過ごすフェリー、客室以外の設備も快適に過ごすポイントになります。特に2等など個室でない客室で乗船する場合は、客室以外のスペースでくつろげるかもチェックポイントです

エントランス | レストラン | 軽食コーナー | 2ロビー・ラウンジ | 大浴場 | 売店・自販機コーナー | シアター | デッキ | 車両甲板
  • エントランス・インフォメーション

    「フェリーふくおか2」エントランス
    乗船したときに最初に入る場所です。船内で移動するときの中心となる場所で、2〜3階層の吹き抜けになっていることが多いです。
    個室に乗船される方は、ここにあるインフォメーションで個室の鍵を貰って客室に移動します。

    旧「いしかり」エントランス

    旧「いしかり」エントランス

    「おれんじ7」エントランス
  • レストラン

    「いしかり」レストラン
    長い時間を過ごす船内には、もちろんレストランがあります。
    レストランの内容は航路によって様々ですが、陸上よりはやや高めに感じるかもしれません。船内でのコストを抑えたい人は、乗船直後の食料を乗船前に買っておくのもいいかと思います。
    ※乗客の少ないごく一部の航路の一部便(商船三井フェリーの深夜便・オーシャン東九フェリーのカジュアルフェリーの日など)では、通常のレストランがなく簡易的な冷凍食品の提供のみになっている場合があります。乗船前に公式サイトの船内案内をごらんください。

    「さんふらわあ こばると」レストラン

    「はまなす」レストラン

    「やまと」レストラン
  • 軽食コーナー

    「きそ」マーメイドクラブ
    一部のフェリーでは、レストラン以外に軽食の提供をしているコーナーがある場合があります。レストランよりリーズナブルで長い時間営業をしています。
  • ロビー・ラウンジ

    「きそ」
    船内には、随所に休憩ができるソファーなどが置かれたスペースがあります。2等船室など、個室でない方は寝る時間以外の多くをここで過ごすこともあるかと思います。
    スペースは船によって違いが大きく余るほど休憩スペースがある船もあれば、殆ど無い船もあります。昔の瀬戸内海のフェリーはロビーなどが狭い傾向がありましたが、最近の船は広くなっています。

    「さんふらわあ ぱーる」

    「フェリーあざれあ」

    「きたかみ」

    「フェリーきょうと2」

    「おれんじ8」

    「フェリーあざれあ」
  • 大浴場

    大浴場(イメージ)
    長時間を航海する大型フェリーには大浴場もあることが多いです。多くのフェリーには大きな浴槽が2,3あり、シャワーのある洗う場所、脱衣場があります。一般的なお風呂と同じイメージです。脱衣場はコインロッカーがあったりない場合もあります。どこでも同じですが盗難事件がある場合もあるので、貴重品の管理には気をつけましょう。
    一部の船にはサウナもあります。
  • 売店・自販機コーナー

    「フェリーあざれあ」売店
    船内には売店や自販機コーナーがほとんどの船にあります。売店はそんなに規模の大きい物ではありませんが、飲み物やお菓子、おみやげ品、洗面用具などが売られています。
    自販機での販売価格は、陸上より高い場合もありますが、ホテルと同じで最近は同じになっている船も増えてきています。

    「さんふらわあぱーる」自販機コーナー
  • シアター

    「フェリーひむか」シアター
    一部の船に限られますが、長時間の航海をする船では小型のシアターがあり、映画が流されていることもあります。
  • デッキ

    「きたかみ」デッキ
    デッキは船旅らしさを最も感じられる場所で、特別な場所になるかもしれません。船の外に出られるスペースです。
    デッキでは、水平線や島々、夕焼けや満点の星空など、とても綺麗な景色を見ることができます。海風を感じながら、南北に進む航路では北に進むほど気温が下がっていくのを感じることもあります。
    デッキに出られるスペースは船によって違い、狭い船では両サイドの限られたスペースのみになります。広い船では船尾から船首、船の上など広々としたスペースが広がっています。どれだけデッキに出ることができるかは、公式サイトでも書かれていないので、過去に乗船した人や直接フェリー会社に問い合わせたがいいかもしれません。

    「きたかみ」デッキ

    「フェリーふくおか2」デッキ

    「きたかみ」デッキ

    「パンスタードリーム」デッキ

    「フェリーあざれあ」デッキ

    「いしかり」デッキ(濃霧)
  • 車両甲板

    「フェリーひむか」車両甲板
    上のデッキの写真でもわかるように、乗客の客室やパブリックスペースは海面からだいぶ上にあります。
    では、その下のスペースが何かと言うと、"フェリー"と呼ばれる理由にもなっている車を積んでいるスペース"車両甲板"があります。車両甲板は、ホテルの下にある地下駐車場のようなものです。限られたスペースに1台でも多くの車を積むために、場合によってはパズルのように積んでいきます。
    出港後は入港まで安全のために基本的に車両甲板へは出入りできませんので、船内に必要な荷物は持って上がるようにしましょう。
  • 寝泊まりするスペース「客室編」に戻る
    フェリーの旅の流れ」「フェリーの旅Q&A
    乗りたい航路を調べる(瀬戸内海九州・四国(太平洋)北海道沖縄・離島海外への航路)