東京湾のエスコート船


「おおたき」「おりおん」「れお」「みおかぜ」「ゆきかぜ」
東京湾のエスコート船は、東京湾内の各港から浦賀水道までのエスコートを行います。メインは浦賀水道のエスコートですが、基本的に各港まで継続して実施します。警戒船との区別で、浦賀水道の進路警戒許可を持っている船でタグボート以外をここで紹介します。
進路警戒の許可を持っているタグボートは、東京汽船ウイングマリタイムサービスもご覧ください。
  • 「おおたき」(OOTAKI) NEW!!
    総トン数:199トン
    速力:不明
    常駐港:横須賀港および川崎港
    竣工年:1996年
    IMO 9135078 MMSI 431100219
    運航:海上災害防止センター

    独立行政法人海上災害防止センターが所有する2隻の消防船のうちの1隻で、消防船としての活動のほか、浦賀水道などでのエスコート業務を行うことがあります。古風な在来船のスタイルをしていますが、エスコート船として必要な速力は出るようです。エスコート船としてだけでなく、大型タンカーの浦賀水道通過時の待機船として、横須賀沖で待機することも多いです。
  • おおたき
    2017.03(川崎港)
  • 「おりおん」(ORION)
    総トン数:64トン
    速力:20.2kt
    常駐港:横浜港
    竣工年:2010年
    IMO 不明 MMSI 431001618
    運航:ウイングマリタイムサービス

    東京湾の浦賀水道はエスコートを受ける大型船が多いですが、浦賀水道のエスコートのメインはタグボートになります。多くないエスコート専門のエスコート船の代表とも言えるのが「おりおん」などのウイングマリタイムサービス(日本郵船系)の3隻のエスコート船です。エスコートタグより速力が速いことを活かして、速力のある東京に入る巨大コンテナ船を中心にエスコートしているようです。
  • おりおん
    2017.03(横浜港)
  • 「れお」(LEO)
    総トン数:65トン
    速力:20.1kt
    常駐港:横浜港
    竣工年:2011年
    IMO 不明 MMSI 431002392
    運航:ウイングマリタイムサービス

    ウイングマリタイムサービスの最新のエスコート船です。
  • れお
    2015.01(浦賀水道)
  • 「みおかぜ」(MIOKAZE)
    総トン数:72トン
    速力:22kt
    常駐港:横浜港
    竣工年:不明
    IMO 不明 MMSI 431002367
    運航:パシフィックマリンサービス

    商船三井系で横須賀に多数のエスコートタイプのタグボートを配置し、浦賀水道のエスコートの多くをやっている東京汽船が出資するパシフィックマリンサービスのエスコート船です。主に浦賀水道から東京湾内の大型タンカーのエスコートにあたっているようです。
  • みおかぜ
    2015.03(横浜港)
  • 「ゆきかぜ」(YUKIKAZE)
    総トン数:65トン
    速力:不明
    常駐港:横浜港
    竣工年:不明
    IMO 不明 MMSI 431000219
    運航:パシフィックマリンサービス

    商船三井系で横須賀に多数のエスコートタイプのタグボートも持っている東京汽船や、JXオーシャンの関連会社のパシフィックマリンサービスのエスコート船です。主に浦賀水道から東京湾でのタンカー系のエスコートをやっているようです。
    元はウイングマリタイム社の「すばる」でした。
  • ゆきかぜ
    2015.03(横浜港)