東京汽船


「浦賀丸」「扇丸」「大隅丸」「鹿島丸」「春日丸」
  • 「浦賀丸」(URAGA MARU)
    総トン数:181トン
    出力:3,600PS
    2005年竣工〜2017年引退
    引退時は横須賀常駐
    IMO 9094298 MMSI 431101119

    横須賀港に常駐し主に浦賀水道航路から東京湾内でのエスコートなどを行っていましたが、2017年6月に「能代丸」就航に伴い引退しています。
  • 浦賀丸
    2014.01(久里浜港)
  • 「扇丸」(OHGI MARU)
    総トン数:260トン
    出力:4,400PS
    常駐港:横浜港
    竣工:2015年
    IMO 9765744 MMSI 431006373

    2015年に金川造船で建造された本船は、ブリッジ周りが多角形の形をし、細い3本のマストで構成されるなど、日本に旧来からあるスタイルではなく、海外に多いスタイルとなりました。東京汽船では初めてのスタイルで、日本国内でも福島汽船や、神戸曳船の「北野丸」ぐらいがこのスタイルです。今後、このスタイルのが続くのか気になります。
  • 扇丸
    2015.07(横浜港)
  • 「大隅丸」(OSUMI MARU)
    総トン数:234トン
    出力:3,600PS
    2015年引退
    竣工:1992年
    IMO 9057898 MMSI 431101083

    本船は、東京汽船の中でも特殊な部類に入り、「薩摩丸」とともに警戒船(荷役警戒など)業務もよく行うタグです。2015年5月に引退した模様です。
  • 大隅丸
    2010.04(横浜港)
  • 「鹿島丸」(KASHIMA MARU)
    総トン数:227トン
    出力:4,000PS
    常駐港:横浜港
    竣工:2009年
    IMO 9561526 MMSI 431000987

  • 鹿島丸
    2010.04(横浜港)
  • 「春日丸」(KASUGA MARU)
    総トン数:187トン
    出力:3,600PS
    常駐港:横浜港
    竣工:2005年
    IMO 9094470 MMSI 431101128

  • 春日丸
    2015.05(横浜港)