日本海事興業


「新興丸」「瑞興丸」「長興丸」「宝興丸」「明興丸」
  • 「新興丸」(SHINKO MARU)
    総トン数:233トン
    出力:4,000PS
    常駐港:泉北港
    竣工年:2003年
    IMO 9296080 MMSI 431401959

    外見上「海興丸」とよく似ていますが、トン数や出力が異なっています。就航以来、水島港に常駐していましたが、2017年頃に「愛興丸」と入れ替わり泉北港常駐になりましたが期間は短く、2018年までには鹿児島県の志布志港に移動しました。
  • 新興丸
    2017.07 (宮窪瀬戸)
  • 「瑞興丸」(ZUIKO MARU)
    総トン数:194トン
    出力:4,400PS
    常駐港:徳山港
    竣工年:2017年
    IMO - MMSI 431010482

    ハウスの前半など2015年に就航した「愛興丸」「和興丸」との共通点も多いですが、全長は34mと日本海事興業の中で最も短いサイズになっているため、ハウスも後ろ半分が短くなっています。マストも太くなく通常サイズに見えます。ブリッジ上にも放水銃がありマストと合わせて2つあります。2017年12月に大阪のダイゾーで建造されました。瀬戸内海全域のエスコート許可を持っていて大分・徳山・岩国・水島・泉北の幅広いエリアで活動すると思われます。
  • 瑞興丸
    写真提供:かずやんさん 2017.12
  • 「長興丸」(CHOKO MARU)
    総トン数:199トン
    出力:3,600PS
    常駐港:福山港(広島県)
    竣工年:2000年
    IMO 9238533 MMSI 431401851

    現在、福山港(広島県)に常駐しています。
    「長興丸」は2005年に「日興丸」より船名を変更し岩国港から移動したものです。
    2000年10月竣工で、このタグが基本形となって「海興丸」「新興丸」などが続いています。マストの放水銃は伸縮性のもので写真でも他の2隻に比べてマストが低いのが分かります。
  • 長興丸
    2004.12(岩国港)
  • 「宝興丸」(HOKO MARU)
    総トン数:194トン
    出力:3,400PS
    常駐港:志布志港(鹿児島県)
    竣工年:1994年
    IMO 9113824 MMSI 431300228

    過去は瀬戸内海にいましたが、現在は鹿児島県の志布志港にいるようです。
  • 宝興丸
    2004.03(水島港)
  • 「明興丸」(MEIKO MARU)
    総トン数:195トン
    出力:3,400PS
    1992年竣工〜2017年引退
    引退時は徳山港常駐
    IMO 9047609 MMSI 431601055

    「明興丸」「陽興丸」とほぼ同型です。以前は鹿児島港に常駐していたようですが、徳山港に移動し、2017年10月頃に引退しました。
  • 明興丸
    2015.12(鹿児島港)