マリックスライン
「クイーンコーラル8」
鹿児島港(新港)〜奄美大島〜徳之島〜沖永良部島〜与論島〜本部港(沖縄本島)〜那覇港(沖縄本島)に就航
船名「クイーンコーラル8」
総トン数 4,945GT
全長・全幅140.8m×20.5m
航海速力22.0kt
旅客定員452名(臨時798名)
積載能力コンテナ242個 トラック20台 乗用車72台
造船所神田造船川尻
建造1999年9月
IMO No.9209867
「クイーンコーラル8」は「クイーンコーラル7」の代替船として1999年に就航しました。約730kmの長距離航路ですが、途中多くの狭い離島に寄港することもあり、長距離航路の船の中で最も小さい(総トン数の少ない)貨客船です。伊豆諸島航路の「さるびあ丸」(4,992GT)よりも総トン数では小さいです。鹿児島〜沖縄航路は、マルエーフェリーと1日毎に交互にそれぞれ2隻の船で運航していて、マリックスラインの便は1日毎ですが、その他の日はマルエーフェリーの便が出ています。

客室は、バス・トイレ付きの特等から、雑魚寝の相部屋の2等までひと通り揃っています。新しい「クイーンコーラルプラス」にある1名部屋はありません。

パブリックスペースは、レストランや売店、シャワールームなど最低限のものが揃っていますが、離島航路でない長距離フェリーには必ずあるような大浴場はなく、シャワールームのみです(「クイーンコーラルプラス」にはあります)。
「クイーンコーラル8」
「クイーンコーラル8」(鹿児島港)
「クイーンコーラル8」
「クイーンコーラル8」(鹿児島港)
「クイーンコーラル8」
「クイーンコーラル8」(鹿児島港)
「クイーンコーラル8」
「クイーンコーラル8」(鹿児島港)
「クイーンコーラル8」
「クイーンコーラル8」(鹿児島港)