新日本海フェリー
「らいらっく」「ゆうかり」
敦賀(福井県)〜新潟〜秋田〜苫小牧(北海道)に就航
船名「らいらっく」「ゆうかり」
総トン数 18,229GT
全長・全幅199.9m×26.5m
航海速力22.7kt
旅客定員892名
積載能力トラック146台 乗用車58台
造船所IHIマリンユナイテッド横浜
建造2002年3月2003年1月
IMO No.92574249257436
「らいらっく」「ゆうかり」は新潟〜小樽航路および敦賀〜新潟〜秋田〜苫小牧に就航している大型フェリーです。2017年に就航する新造船の関係で一時的に両方の航路に就航しています(2017年4月現在)。2017年6月の「あざれあ」就航後は、敦賀〜新潟〜秋田〜苫小牧航路の専属になる予定です。
寄港便や新潟便に就航しているため、新日本海フェリーの中では高速フェリータイプではなく、普通の大型フェリー並みの22.7ktの航海速力になっています。総トン数は18,229GTと国内でも最大クラスです。
本船はそれ以前の新日本海フェリーの船の流れでIHIマリンユナイテッド横浜で建造されましたが、この後に建造された新日本海フェリーのフェリーは三菱重工業業長崎造船所での建造となっています。

客室はスイートルームからツーリストJ(旧2等の雑魚寝部屋)まで豊富にあり、相部屋のベットルーム(ツーリストB)は2段ベット方式になっています。また、ツーリストSという1名個室も備えています。

パブリックスペースは、レストランやカフェ、前方の見えるフォワードサロンのほか、大浴場、ビデオシアター、ショップやコインランドリーなどもあり、充実しています。なお、フォワードサロンの窓は冬季は波での破損を避けるために、鉄板で閉鎖され前方の展望は見れません。
ゆうかり
「ゆうかり」(新潟港)
らいらっく
「らいらっく」(新潟港)
らいらっく
「らいらっく」(小樽港)
らいらっく
「らいらっく」(小樽港)
ゆうかり
「ゆうかり」(関門海峡)
ゆうかり
「ゆうかり」(尾道港)
ゆうかり
「ゆうかり」(関門海峡)
らいらっく
「らいらっく」(小樽港)
らいらっく
「らいらっく」(小樽港)
ゆうかり
「ゆうかり」(関門海峡)
ゆうかり
「ゆうかり」(関門海峡)
ゆうかり
「ゆうかり」(関門海峡)
らいらっく
「らいらっく」(小樽港)
らいらっく
「らいらっく」(新潟港)