オーシャン東九フェリー(オーシャントランス)
「フェリーびざん」「フェリーしまんと」
「フェリーどうご」「フェリーりつりん」

新門司(福岡県北九州市)〜徳島〜東京に就航
船名「フェリーびざん」「フェリーしまんと」「フェリーどうご」「フェリーりつりん」
総トン数 12,641GT12,636GT12,636GT12,641GT
全長・全幅191.0m×27.0m
航海速力22.4kt
旅客定員252名
積載能力トラック188台 乗用車80台
造船所佐伯重工業
建造2015年12月2016年5月2016年7月2016年9月
IMO No.9815032---
「フェリーびざん」「フェリーしまんと」「フェリーどうご」「フェリーりつりん」は「おーしゃんいーすと」姉妹「おーしゃんさうす」姉妹の4隻の代替船として、2016年1月〜9月に就航しました。4隻で東京〜徳島〜北九州を1日1便運航しています。2016年は交代でメンテのドックに入っているため、一部既存船が就航している便があります。この航路は長いため、東京〜徳島で1晩、徳島〜北九州で1晩かかり、東京から北九州までは2泊3日(1日目の夜出港し、3日目の早朝入港)かかります。
オーシャン東九フェリーでは、本船の就航まで様々な等級があるスタンダードフェリーと呼ばれる「おーしゃんいーすと」「おーしゃんうえすと」、2等寝台のみでレストランも無くした「おーしゃんのーす」「おーしゃんさうす」を隔日で運航してきました。今回の「フェリーびざん」は"シンプルフェリー"と位置づけていて、これらの中間のような設備になっています。

船体は旧就航船と比較して全長が25m、幅も2m大きくなりました。それに伴って徳島港のターミナルは新ターミナルに移転、東京港もターミナルは同じですが改修工事を行った隣のバースに移転、新門司港もバースを改造し船首付けから船尾付けに変えています。本船は船首にランプウェイがなく、すべて船尾と右舷側から車両の上下船をやっています。
建造した造船所が、近年の大型フェリー建造では珍しい佐伯重工業(大分県)とあってか、外見上も前面や船尾のデッキなど斜めになっている部分が多く、独特のデザインになっています。車両搭載量に比べて旅客定員が少ないため、車両甲板部分と旅客デッキの比率も他と違いRORO船のような状態になっています。

客室はすべて1フロアになっています。客室構成は、2〜4名個室と、2等洋室(相部屋)の2種類を用意し、個室は通常28室のほか、ペットも過ごせる2室、バリアフリー対応の特別区画に6室が用意されるなど、数も多くなっています。相部屋の2等洋室も梯子の2段ベット式から、最近多い階段型の2段ベットになりました。

パブリックスペースは、シンプルフェリーとしているため、従来のカジュアルフェリーのように最小限になっています。レストランはなく、冷凍食品の自販機とそれらの食事をできるスペースのみになっていることに注意が必要です。その他の標準的な設備はあり、売店、オーシャンビューの大浴場、前が見えるフォワードロビー、リラクゼーションスペース(ソファのエリア)があります。
本船のデッキでは柵が転落防止のためか背よりも高く2mほどあるようです。そのため、デッキから外の撮影は柵の隙間からになるようです。デッキから景色を眺めるのには少し残念です。

発着するフェリーターミナルについては下記をご覧ください。
北九州のりば
東京港フェリーターミナル

フェリーびざん
「フェリーびざん」(東京港)
フェリーびざん
「フェリーびざん」(東京港)
フェリーびざん
「フェリーびざん」(東京港)
フェリーびざん
「フェリーびざん」(東京港)
フェリーびざん
「フェリーびざん」(東京港)
フェリーびざん
「フェリーびざん」(東京港)
フェリーしまんと
「フェリーしまんと」(東京港)
フェリーしまんと
「フェリーしまんと」(東京港)
フェリーしまんと
「フェリーしまんと」(東京港)
フェリーしまんと
「フェリーしまんと」(東京港)
フェリーどうご
「フェリーどうご」(東京港)
フェリーどうご
「フェリーどうご」(東京港)
フェリーどうご
「フェリーどうご」(東京港)
フェリーどうご
「フェリーどうご」(東京港)
フェリーりつりん
「フェリーりつりん」(東京港)
フェリーりつりん
「フェリーりつりん」(東京港)