タグボート・エスコート船にある「表示板」の意味は?

巨大船や大型タンカーなどは海峡の航路など狭く多くの船がいるエリアを航行する時などに進路を警戒する船舶や消防設備を備えた船舶(専門のエスコート船やタグボート)をエスコートに付けます。それらの船舶にはそれぞれの航路でのエスコート業務許可を持っているのを表示する板を付けています。(上の写真矢印の位置)
エスコートを行うタグボートやエスコート船にはそれぞれの能力によってエスコートできる本船の種類や航路が異なります。例えば、本船が危険物積載船の場合は化学消火設備や放水銃などの消防設備が必要だったり…。 この表示板を拡大したのが上の写真でこれを例に説明します。

まず、(1)の「A」は進路警戒船の許可船を意味します。これは「A」の文字の有無ですぐに分かる表示ですが、実際に進路警戒船としてエスコートする場合はもう1つの条件として本船(被エスコート船)より3kt以上速い速力で航行できることというのがあります。そのため最近は速力の速い本船に対応できるように専門の高速エスコート船や速いタグが建造されています。

(2)は消防設備を意味する場所で「B34」は第3・4種消防設備船です。消防設備には第1~4種まであり、第3種及び第4種の時は「B34」となるように、「B」とそれに続く数字で表示されます。普段エスコート業務を行っているような主力タグの多くは「B34」の表示を持っています。

(3)は側方警戒船の許可の有無を表し、「C」の文字があれば側方警戒船の資格あり、無ければ無しという(1)と同じように簡単に見分けれます。

これまでが、そのタグボートやエスコート船の能力を現す所ですが、主力タグの多くが「AB34C」というパーフェクトの表示になっています。

次に「-」を挟んでの(4)ですが、これは資格を持っている航路を表します。数が多いので下に表にしました。
番号航路
・1浦賀水道
・2中ノ瀬航路
・3伊良湖水道
・4明石海峡
・5備讃瀬戸東航路
・6宇高東航路
・7宇高西航路
・8備讃瀬戸北航路
・9備讃瀬戸南航路
10水島航路
11来島海峡航路
12浦賀水道・中ノ瀬航路
13備讃瀬戸東航路・備讃瀬戸北航路・備讃瀬戸南航路・宇高東航路・宇高西航路
14備讃瀬戸東航路・備讃瀬戸北航路・備讃瀬戸南航路・宇高東航路・宇高西航路・水島航路
15備讃瀬戸東航路・備讃瀬戸北航路・備讃瀬戸南航路・宇高東航路・宇高西航路・来島海峡航路
16備讃瀬戸東航路・備讃瀬戸北航路・備讃瀬戸南航路・宇高東航路・宇高西航路・水島航路・来島海峡航路
これでは違いが分かりにくいので別の形に…
航路・1・2・3・4・5・6・7・8・910111213141516
東京湾浦賀水道
東京湾中ノ瀬航路
伊勢湾伊良湖水道
瀬戸内海明石海峡
瀬戸内海備讃瀬戸東
瀬戸内海宇高東航路
瀬戸内海宇高西航路
瀬戸内海備讃瀬戸北
瀬戸内海備讃瀬戸南
瀬戸内海水島航路
瀬戸内海来島海峡航路
と、細かく分かれていますが実際に瀬戸内海で見るのは明石海峡の「・4」と明石海峡を除く瀬戸内海すべての「16」で、他のは滅多にありません。
ちなみに明石海峡と備讃瀬戸・来島エリアは海上保安本部の管轄が違いますので両方をカバーする番号はありません。しかし、備讃瀬戸・明石海峡の両方でエスコートするタグボートもいるため、そのようなタグボートは「・4」と「16」の両方の板を表示するというのもあります。(下写真))

またこの表からも分かるようにこの表示板を付けているのは海上交通安全法での対象となる航路でエスコートをするタグなどのみで、関門海峡などの海峡をはじめ、港でのサービスエスコートなどはこの範囲でなく表示がないタグも行います。(これらのエリア以外のタグは表示はありませんが、消防設備など性能は持っているのも多く、その場所の独自の基準や本船からの要求で仕事をしていると思います。)
上の写真を見る次の(5)は気づいた方もいると思います。管轄の海上保安本部が違うので2つ表示をしていると書きましたがそれが(5)で上の「5海」は第五管区海上保安本部、「6海」は第六海上保安本部の許可であることを表しています。 つまり、航路を表す数字の(4)が決まれば(5)も決まる訳で、航路がある「3海」「4海」「5海」「6海」しか存在せず、「1海」などはありません。

最後に(6)は、この許可の交付番号で上の写真だと5管区で175番、6管区で287番の交付番号ということになります。それぞれ1隻に1つの番号です。

多くが「AB34C」ですがこうやって見るとタグボートの豊富な能力が分かったり…。